ABOUT Armadillo

多様な用途に使えるARM+Linux 組み込みプラットフォーム

Armadillo(アルマジロ)は、そのまま機器に組み込んで使える 「組み込みプラットフォーム」 です。
省電力ARMプロセッサ搭載の組み込みCPUボードを核としてLinux OSやデバイスドライバ、開発環境、ミドルウエア、拡張ボードやオプションなど各種の周辺製品やサービス群が提供されています。

Armadilloの技術情報を効率よく知る


小型・省電力・日本品質
「組み込みやすさ」を追求

手のひらサイズ・小型設計

Armadilloブランドの量産対応CPUボード・CPUモジュールは、手のひらに載せられる小型サイズが基本です。

よく使うインターフェースを搭載

USB、シリアル(UART)、LAN/無線LAN、SD、GPIOなど、よく使われるインターフェースを小型ボード上に凝縮して搭載。拡張バス対応、カメラ拡張対応、タッチパネル液晶対応など、製品ごとに特徴があります。

省電力設計

わずか数ワット程度の低消費電力で動作。バッテリーで動作する機器などにも適しています。

環境に強い!-20℃~+70℃まで動作保証

量産ボードは動作温度範囲-20℃~+70℃までをカバー。振動試験や温度試験など、各種の環境評価試験もクリアしているので、工場監視やビル制御などの用途においても安心してご採用いただけます。

標準OSとしてLinuxを採用

詳しくはこちら

Q. アルマジロって、プロセッサ評価ボードなの?
A. いいえ 、 機器・装置にそのまま組み込んで使える「量産ボード」です!

組み込みプラットフォームArmadilloは、お客様の装置にそのまま組み込める「量産向け」の製品です。「省電力」「長期供給」「耐環境性」などに配慮し品質重視で設計。さらに、安心して使い続けていただくための各種サービスの提供にも注力しています。Armadilloをベースとして組み込み機器を開発する場合は、データシートなどの膨大な資料の確認、LinuxOSの移植、評価試験の実施など、フルスクラッチ開発では通常必須とされる作業を行う必要がありません。複雑で経験を要するCPU周りの設計・開発に煩わされずに組み込み機器開発を進められるので、納期や開発コストの大幅削減につながります。

※評価ボード「Armadillo-EVA」(量産非対応/回路図を公開)シリーズは、最新プロセッサの評価をいち早く行っていただくことを目的として提供しています。数十~数千台規模の量産をご検討の場合には、量産にそのまま使える「組み込みプラットフォームArmadillo」の利用を強くおすすめしています。

※「組み込みプラットフォーム」とは? 詳しくはこちら


充実のサービスでモノづくりの各段階をしっかりサポート

ソフトウェアをオープンソース提供、開発環境も無償公開

Linuxプリインストールで、カーネルやデバイスドライバをオープンソースとして提供しています。Armadillo専用の開発環境も無償公開。製品購入前でも、ソフトウェア開発の流れを体験することができ、安心です。

画像処理からデータベースまで・無償で評価できるミドルウェア

顔認識などの画像処理、動画再生、組み込みデータベースなどの各種ミドルウェアの評価版をWebサイトで公開しています。

選べる開発セット

液晶付き、ケース付き、無線LANモジュール搭載など、用途に応じて選べる開発セットを用意。いずれも、開発環境やソースコード、マニュアルなどを収録した開発用DVD-ROM、ケーブル類、ACアダプタなどを同梱し、すぐに開発にとりかかることができます。

技術的な疑問を解決できる開発者向けWebフォーラムを開設

技術的な質問・回答をやりとりできるWebフォーラムを開設。製品購入前でも購入後でも、気軽にかつ無料で投稿できます。その他、個別のお問い合わせなどに対応する有償サポートサービスも提供しています。

フォーラム(ユーザーズサイト)

開発セミナーを開催

「Armadilloを利用した開発は初めて」というユーザーを対象に、開発手法をレクチャーする初級者向けセミナーを定期的に開催。対象の開発セットを購入いただくと無償で受講可能です。

開発のTipsをWeb公開

ちょっとした技術的な疑問・質問の解消に役立つ「FAQ」、新しい技術情報やTipsを紹介する「HowTo」などをArmadilloサイトで公開。いつも新しい情報を確認できます。

信頼性評価試験データを公開

温度試験や静電気試験など、耐環境評価試験の結果を公開。「アットマークテクノ ユーザーズサイト」からダウンロードできます。

メールマガジンで情報提供

ほぼ月刊のメールマガジン「Armadillo Express」で、Armadilloに関する最新情報や技術情報へのインデックスをお届けしています。

Armadillo Express購読登録

長期供給・安心の国内生産

Armadilloブランドの組み込みプラットフォームは「長く」「安心して」お使いいただくことがモットー。初代Armadilloは発売から10年以上経た今も、利用され続けています。長期の運用・供給に耐え得るように配慮を重ね、搭載部品を厳選し、設計から組立まで日本国内で行っている安心の国産ボードです。

製品保証

ArmadilloブランドのCPUボードは、いずれも1年間の製品保証付き。保証期間内に万一故障した場合は新品と交換可能。また、保証期間の延長のご相談も承ります。

故障解析サービス

故障原因を調査する「故障解析サービス」を実施。ご要望に応じて、解析報告書の発行も承ります。

ROM書き込みサービス

お客様オリジナル機器の製品化時に便利な、ROM書き込みサービスを提供。ご指定のROMイメージやミドルウェアのライセンスキーなどをArmadillo本体に書き込みお届けします。

PCN/EOL/その他の変更をメールで通知

シリーズ販売終了(EOL)の他、製品の仕様変更(PCN)や搭載部品の変更などきめ細やかな情報に対応する「変更通知」サービスを提供。長期に渡ってご利用いただく際も安心です。


製品化までの時間・コストを大幅に節約

複雑化・大規模化が進むSoC(CPU)を搭載した組み込みボードをフルスクラッチで開発するには、回路設計や基板設計だけでなく、OSやプロトコルスタックの移植、デバイスドライバ開発、評価試験など、さまざまな作業が必要です。「Armadillo」は、そのような煩雑で開発の手間のかかる部分を1つの組み込みCPUボードにまとめ、「組み込みプラットフォーム」として提供しています。フルスクラッチ開発からArmadilloベースでの開発に切り替えることで、設計・開発から評価・検証までにかかる初期費用を圧縮できるので、初期費用が単価に大きく影響しがちな数十台~数千台までの中小規模量産で特にコストメリットを発揮します。

まとめて買えば、さらにお得! ボリュームディスカウント

Armadilloは、数量をまとめて一括購入すると製品単価の割引が適用される「ボリュームディスカウント制度」を採用しています。Armadilloのボリュームディスカウント制度は、10台、30台、50台、100台…と小刻みに単価が低減していく設定。たとえ少量ずつでもまとめて発注するとディスカウントが適用されます。数百台~数千台の一括購入では、割引率もグンとアップ。さらにお得です。

使えば使うほど開発が楽になる・繰り返し使えばコストも削減できる

Armadilloは、同一ブランド内で開発手法(開発環境など)をできるだけ統一しています。そのため、Armadilloブランドを使い続ける限り、一度Armadilloを使って得たノウハウや開発資産を複数の開発案件で使いまわしていくことができ、効率的です。開発内容の一部が類似したシステム開発案件を多く抱えている場合などに特におすすめです。


お問い合わせ

詳細やご購入に関するお問い合わせは、上記のWebフォーム(アットマークテクノWebサイト)からお寄せください。