node-eye

node-eyeは、IoTゲートウェイの稼働状況を確認するためのリソースの監視・管理機能、ファームウェアの機能追加やバグ修正に対応するリモートアップデート機能など、IoTゲートウェイの基本的な運用・管理機能を一括して提供するサービスです。

node-eyeのメリット

  • IoTゲートウェイに必要な運用・管理の基本機能を網羅
    IoTゲートウェイを実用化し長期間運用していく上で必要となる各機能をまとめてクラウドサービスとして提供。モノづくり経験が要求されるデバイス周りを「Armadillo-IoT」と「node-eye」で一括して賄うことができます。
  • 「Armadillo-IoTゲートウェイ」専用のサービス
    ポーティングの手間をかけることなくすぐにスタートアップでき、よりビジネス価値の創造に役立つアプリケーション開発に集中することが可能です。
  • 月額課金制
    ユーザーは必要な機能だけをピックアップして利用することができるので、ランニングコストの節約にもつながります。

node-eyeに含まれるサービス

node-eye

node-eye「デバイス運用管理」サービス

node-eye

(1) 死活監視機能

IoTゲートウェイの可用性を監視する機能。異常が起こった場合にアラート告知します。

node-eye

(2) リソースモニタリング機能

稼働中の機器のCPU使用率やメモリ利用量などの稼働状況をリモートで参照できる機能。効率的なメンテナンスの流れを作ることができます。

node-eye

(3) リモートコンフィグ機能

設定情報をクラウド側からIoTゲートウェイに反映できる機能。ソフトウェア上の設定作業などはすべてクラウド上から対応可能となります。

node-eye

(4) リモートアップデート機能

稼働中のIoTゲートウェイのファームウェアをクラウド側から更新できる機能。複数のIoTゲートウェイをリモートから一括アップデートすることも可能です。

モバイル接続オプション

Armadillo-IoTゲートウェイ専用の3Gモバイル通信サービスです。IoTゲートウェイからクラウドへのアップロード料金が格安で、デバイスからクラウドへ常にセンサデータが送信されるIoTシステムに適した料金体系を採用しています。

ユースケース ~こんな場面でご利用いただくと便利です~

node-eye

全国チェーンの小売店などで、冷蔵庫の設定温度を調整する機器やクーポン情報の配信端末などの設定・管理をリモートから実施できます。これまで各店舗で行っていた設定変更や機器のアップデートなどの作業を、本部からリモートで一括管理できます。店舗を横断してオペレーションを統一し、店舗ごとの人為的なミスを防ぐことができるので、ローコストで安定した店舗運営につながります。

node-eye

リモートから機器の状態を監視できます。橋梁の水位警報器や海外沿いの風量計測器など、日常的な保守点検の実施が難しい場所にもIoT環境を構築することが可能です。万一機器に異常が発生した場合は、アラート機能でリモート管理者に異常を告知。故障から復旧までの時間を限りなく短縮することができます。

詳細情報

更に詳しい情報は、node-eyeサイトよりご確認ください。

お問い合わせ

詳細やご購入に関するお問い合わせは、上記のWebフォーム(アットマークテクノWebサイト)からお寄せください。


※node-eyeはArmadillo専用のサービスです。