Armadillo-9/200シリーズ用カーネル2.6.26(pre2)ベータリリース

Armadillo-9/200シリーズ対応のカーネル2.6.26ベータリリース版を更新しました。カーネルのバージョンはバージョン2.6.26-at4-ep93xx-port-pre2です。

フラッシュメモリのカーネルリージョンサイズが圧迫されていたため、サイズを変更しました。カーネルバージョン2.6.26-at4-ep93xx-port-pre2を使用する場合はブートローダを更新する必要があります。

変更前

リージョン サイズ アドレス
bootloader 64kB 0x00000000 - 0x0000ffff
kernel 約1.44MB 0x00010000 - 0x0017ffff
userland 約6.44MB 0x00180000 - 0x007effff
config 64kB 0x007f0000 - 0x007fffff

変更後

リージョン サイズ アドレス
bootloader 64kB 0x00000000 - 0x0000ffff
kernel 2MB 0x00010000 - 0x0020ffff
userland 約5.88MB 0x00210000 - 0x007effff
config 64kB 0x007f0000 - 0x007fffff

対応製品

  • Armadillo-220
  • Armadillo-230
  • Armadillo-240
  • Armadillo-9

上記以外のボードはサポートされません。

注意事項

本リリースは正式バージョン公開前のベータリリースです。動作不具合等を引き起こす可能性がありますので、ご了承、ご注意の上ご利用下さい。動作不具合を発見した場合は、メーリングリストに投稿をお願いいたします。

ダウンロード

ソースアーカイブおよびイメージファイルは以下からダウンロードすることができます。イメージファイルの作成に使用したatmark-distはv20100603です。

ソースアーカイブ

カーネル: linux-2.6.26-at4-ep93xx-port-pre2.tar.gz

ブートローダ: hermit-at_1.1.21-ep93xx-port-pre2.tar.gz

Armadillo-220 フラッシュイメージ

カーネル: linux-a220-ep93xx-port-pre2.bin.gz

ユーザランド: romfs-a220-recover-ep93xx-port-pre2.img.gz

ブートローダ: loader-armadillo2x0-eth-v1.1.21.ep93xx.port.pre2.bin

Armadillo-230 フラッシュイメージ

カーネル: linux-a230-ep93xx-port-pre2.bin.gz

ユーザランド: romfs-a230-recover-ep93xx-port-pre2.img.gz

ブートローダ: loader-armadillo2x0-eth-v1.1.21.ep93xx.port.pre2.bin

Armadillo-240 フラッシュイメージ

カーネル: linux-a240-ep93xx-port-pre2.bin.gz

ユーザランド: romfs-a240-recover-ep93xx-port-pre2.img.gz

ブートローダ: loader-armadillo2x0-eth-v1.1.21.ep93xx.port.pre2.bin

Armadillo-9 フラッシュイメージ

カーネル: linux-a9-ep93xx-port-pre2.bin.gz

ユーザランド: romfs-a9-ep93xx-port-pre2.img.gz

ブートローダ: loader-armadillo9-eth-v1.1.21.ep93xx.port.pre2.bin

ビルド手順

Atmark-Distのビルド

開発環境およびatmark-distに変更はありません。atmark-distのビルド方法についての詳しい情報は、ダウンロードページの「Atmark Dist 開発ガイド」をごらんください。

atmark-distのコンフィギュレーションで指定するボード名(AtmarkTechno Products)には以下のいずれかを指定してください。

Armadillo-9

  • Armadillo-9

Armadillo-220

  • Armadillo-220.Base
  • Armadillo-220.Recover

Armadillo-230

  • Armadillo-230.Base
  • Armadillo-230.Recover

Armadillo-240

  • Armadillo-240.Base
  • Armadillo-240.Recover

Hermit-Atのビルド

次のようにビルドしてください。

Armadillo-200シリーズ


[ATDE]$ tar zxvf hermit-at_1.1.21-ep93xx-port-pre2.tar.gz
[ATDE]$ cd hermit-at_1.1.21-ep93xx-port-pre2
[ATDE]$ make make TARGET=armadillo2x0 PROFILE=eth
[ATDE]$ ls src/target/armadillo2x0/loader-armadillo2x0-eth-v1.1.21.ep93xx.port.pre2.bin
loader-armadillo2x0-eth-v1.1.21.ep93xx.port.pre2.bin

Armadillo-9


[ATDE]$ tar zxvf hermit-at_1.1.21-ep93xx-port-pre2.tar.gz
[ATDE]$ cd hermit-at_1.1.21-ep93xx-port-pre2
[ATDE]$ make make TARGET=armadillo9 PROFILE=eth
[ATDE]$ ls src/target/armadillo9/loader-armadillo9-eth-v1.1.21.ep93xx.port.pre2.bin
loader-armadillo9-eth-v1.1.21.ep93xx.port.pre2.bin

イメージファイルの書き換え

フラッシュメモリのリージョンサイズを変更したため、書き換えには注意が必要です。次の手順で書き換えを行なってください。

  1. hermit-atまたは、hermit-at-winを使用して、ブートローダリージョンを書き換える
  2. hermit-atまたは、hermit-at-winを使用して、カーネルリージョンを書き換える
  3. hermit-atまたは、hermit-at-winを使用して、ユーザランドリージョンを書き換える

「1.」を行なった時点でLinuxが起動できなくなります。そのためLinuxの起動が必要であるnetflash等は使用できません。

ドライバ

いくつかのドライバが動作検証中です。

Armadillo-9/200シリーズ共通

ドライバ 説明
シリアル 実装済み
RTC 実装済み
LAN 実装済み
USB 動作検証中
GPIO 実装済み

Armadillo-200シリーズ専用

ドライバ 説明
NAND 実装済み
LED 実装済み
タクトスイッチ 実装済み

Armadillo-9専用

ドライバ 説明
コンパクトフラッシュ 実装済み
IDE 実装済み

Armadillo-9/240用

ドライバ 説明
VGA 実装済み

Armadillo-230専用

ドライバ 説明
smsc911x 動作検証中

RTCドライバ

詳しくはこちらをごらんください。

USBドライバ

次のデバイスの動作を確認しています。連続稼動試験は行なっていないためご注意の上ご利用下さい

  • USB-シリアル
  • USBマウス
  • USBキーボード
  • USB無線LAN
  • USB Bluetooth
  • USBオーディオアダプタ
  • USBプリンタ
  • UVCカメラ
  • USBメモリ

GPIOドライバ

詳しくはこちらをごらんください。

NANDドライバ

詳しくはこちらをごらんください。

LEDドライバ

詳しくはこちらをごらんください。

タクトスイッチドライバ

詳しくはこちらをごらんください。

コンパクトフラッシュドライバ

コンパクトフラッシュドライバに対応するカーネルのコンフィギュレーションは以下を参照してください。デフォルトでは有効になっています。


Device Drivers  --->
  Bus support  --->
    <*> PCCard (PCMCIA/CardBus) support  --->
      <*>   16-bit PCMCIA support
      <*>   EP93xx PCMCIA support

このドライバは、PCMCIA互換モードに対応しています。そのため、活線挿抜が可能でI/Oデバイスを動作させることもできます。

IDEドライバ

IDEドライバに対応するカーネルのコンフィギュレーションは以下を参照してください。デフォルトでは有効になっています。


Device Drivers  --->
  <*> ATA/ATAPI/MFM/RLL support  --->
    <*>   Enhanced IDE/MFM/RLL disk/cdrom/tape/floppy support 
      [*]     EP93xx support
        IDE cable type (80-conductor IDE cables)  --->

40芯フラットケーブル使用時は「IDE cable type」を次のように変更してください。この場合、転送モードが、Ultra DMAモード2までに制限されます。


        IDE cable type (40-conductor IDE cables)  --->

ドライバ仕様

  • PIO(Programmed Input / Output) モード4に対応
  • Ultra DMAモード0, 1, 2, 3に対応
  • CPUリビジョン E0の場合は、Ultra DMAモード3未対応

linux-2.6.12.3-a9と比較して、I/O schedulerをAnticipatory I/O scheduler(AS)からCFQ I/O schedule(CFQ)に変更してあります。そのためシーケンシャルアクセスが主である場合などはパフォーマンスが低下します。解決するためには、I/O schedulerを適宜変更してください。

I/O schedulerに対応するカーネルのコンフィギュレーションは以下を参照してください。


[*] Enable the block layer  --->
  IO Schedulers  --->
     Default I/O scheduler (CFQ)  --->

armadillo起動後にI/O schedulerを変更したい場合は次のようにします。このコマンド例では、hdaのI/O schedulerをASに変更しています。


[armadillo]# echo anticipatory > /sys/block/hda/queue/scheduler
[armadillo]# cat /sys/block/hda/queue/scheduler
noop [anticipatory] deadline cfq