FAQ : RecoverイメージでKeepAliveの設定を変更したい

対象製品: Armadillo-240Armadillo-230Armadillo-220Armadillo-210

KeepAliveの設定は、次の3つの変数にアクセスすることで設定の変更を行うことができます。ここでは、これらの変数をproc経由で変更する手順を説明します。一例として、Armadillo-210の場合を取りあげます。

例.Armadillo-210の設定
変数 説明 デフォルト Armadillo-210設定値
tcp_keepalive_intvl TCP KeepAliveのプローブを送る間隔 75秒 60秒
tcp_keepalive_probes TCP KeepAliveプローブの最大回数この回数だけ試して応答がない場合は、接続を切断します 9回 5回
tcp_keepalive_time 接続がアイドル状態になってから、KeepAliveプローブを送信するまでの時間 7200秒 600秒

※Armadillo-210設定値は、リカバーイメージのものです。

※切断時間は、((time)+(intvl*probes))となり、Armadillo-210では15分に設定されています。

KeepAliveの設定は、/etc/init.d/rcファイルの中で設定されています。atmark-dist上では、

atmark-dist/vendors/AtmarkTechno/Armadillo-210.Recover/etc/init.d/rc

となります。

次のコードが設定を変更している箇所です。


 #################################################
 # setting keepalive
 #################################################
 echo 600 > /proc/sys/net/ipv4/tcp_keepalive_time
 echo 60 > /proc/sys/net/ipv4/tcp_keepalive_intvl
 echo 5 > /proc/sys/net/ipv4/tcp_keepalive_probes

上記箇所を修正し、イメージファイルを作成します。作成したイメージファイルをArmadillo-210に書き込むことで、設定は反映されます。

カテゴリ: