FAQ : Armadillo-500 FX開発セットでW-SIMの音声インターフェースを使う方法がありますか?

対象製品: Armadillo-500 FX

Armadillo-500 FX開発セットでW-SIMの音声インターフェースを利用するためのドライバがあります。以下のパッチを現在のカーネル(linux-2.6.26-at1)にあてると、以下のようにmake menuconfigでALSAのCODECドライバを無効にしてから選択できるようになります。

1. デフォルトで選択されているALSA SoCドライバを無効にする


 Device Drivers  --->
   Sound  --->
     Advanced Linux Sound Architecture  --->
       System on Chip audio support  --->
         < > SoC Audio support for Armadillo-500 FX - WM8978

2. W-SIM用のドライバを選択する


 Device Drivers  --->
   [*] Misc devices  --->
     <*>   Direct audio routing for WM8978 to W-SIM (NEW)

このドライバはW-SIMの音声インターフェースとArmadillo-500 FXのCODEC(WM8978)をi.MX31のAudio Multiplexで繋げます。ドライバだけでは通話することはできず、W-SIMを制御する必要があります。W-SIMを制御するための仕様はWILLCOMコアモジュールフォーラム(WCMF)から入手して下さい。 ※WCMFは、2012年に活動を終了しました。

カテゴリ: