警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : アプリケーション開発手順

対象製品: Armadillo-J

カーネル/ユーザランドをカスタマイズするためのフローチャートを示します。作業はすべてdistパッケージを展開したディレクトリ(~/uClinux-dist)で行います。

1. メインメニューの起動

カスタマイズを行うためのメインメニューを起動させ、表示より「Target Platform Selection ---> 」を選択して、カスタマイズ画面に入ります。


[PC ~]$ cd uClinux-dist
[PC ~/uClinux-dist]$ make menuconfig

メインメニューの保存終了後、図7-6 のような選択画面が表示されます。

図7-6選択画面

2. カーネル設定の変更

画面中央の「[ ] Customize Kernel Settings 」をチェックし、「Select」を選択することでArmadillo-Jのカーネルのカスタマイズが可能になります。

3. ユーザランド設定の変更

画面中央の「[ ] Customize Vendor/User Settings」をチェックし、「Select」を選択することでArmadillo-Jのユーザランドのカスタマイズが可能になります。

4. 設定の保存・イメージ作成の開始

カーネル設定・ユーザランド設定の保存後、以下のコマンドを入力してアプリケーションイメージの作成を開始します。


[PC ~/uClinux-dist]$ make dep
[PC ~/uClinux-dist]$ make

正常に完了した場合、作業ディレクトリに「images/image.bin」というファイルが生成されます。生成されたファイル「image.bin」は、「イメージの書き換え手順」を参照して転送を行って下さい。