警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : netflashを使ってイメージを書換える

対象製品: Armadillo-J

netflashを使用すると、ネットワークからイメージをダウンロードしてFlashを書換えることができます。(Hermitで書換えるより高速です)
(※ 2004/06/10 以降のバージョンでは、デフォルトでnetflashが有効になっています)

1. netflashの作成

開発用PCで、uClinux-distディレクトリに移動後、make menuconfig とコマンド入力してコンフィギュレーション画面を起動します。

画面の起動後


 [ ] Customize Vendor/User Settings (NEW)

をチェックして保存・終了します。

次に起動した画面で、


 Flash Tools  --->
   [ ] netflash

を選択して保存・終了します。

make コマンドを実行すると、netflashを含んだイメージ(uClinux-dist/images/image.bin)が作成されます。

2. Hermitによるイメージの書換え

「イメージの書き換え手順」を参照して、作成したイメージでFlashを書換えて下さい。

Armadillo-Jを再起動すると netflash が使用できる状態になります。

3. netflashによるイメージの書換え

最初に書換えるイメージをwebサーバ上のアクセス可能な場所に置きます。 ここでは recover.img を http://www.hoge.mynet/armadillo-j/recover.img においた場合を例にして説明します。


 [armadillo ~]# netflash -n -r /dev/mtdblock2 http://www.hoge.mynet/armadillo-j/recover.img
 netflash killing tasks...

(※ 2004/06/10 以降のバージョンでは以下のようにコマンドを入力します)


 [armadillo ~]# netflash -n http://www.hoge.mynet/armadillo-j/recover.img
 netflash killing tasks...