警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : 無線LANブリッジとして利用する

対象製品: Armadillo-300

Armadillo-300を無線ブリッジとして利用する方法を紹介します。



確認に使用したイメージファイルは以下となります。

kernel v1.0.4

userland v1.0.5



ネットワーク構成は以下の通りです。

  • 無線ブリッジ

    ESSID:a300br

    WEP-KEY:"12345"

  • 無線LAN側クライアント

    OS:debian etch

    IPアドレス:192.168.0.10

    ネットワークインターフェース:ath0

  • 有線LAN側クライアント

    OS:debian etch

    IPアドレス:192.168.0.11

    ネットワークインターフェース:eth0

1. 無線ブリッジ設定

armadillo-300にログインし、以下の設定を行います。


# wlanconfig ath0 destroy
# wlanconfig ath0 create wlandev wifi0 wlanmode ap
# iwconfig ath0 essid a300br
# iwconfig ath0 enc s:12345
# ifconfig ath0 0.0.0.0 up
# ifconfig eth0 0.0.0.0 up
# brctl addbr br0
# brctl stp br0 off
# brctl addif br0 ath0
# brctl addif br0 eth0
# ifconfig br0 up

2. 無線LAN側クライアント設定

無線LAN側クライアントの設定を行います。今回はdebian etchで確認しています。


# wlanconfig ath0 destroy
# wlanconfig ath0 create wlandev wifi0 wlanmode sta
# iwconfig ath0 essid a300br
# iwconfig ath0 enc s:12345
# ifconfig ath0 192.168.0.10 netmask 255.255.255.0 up

3. 有線LAN側クライアント設定

有線LAN側クライアントの設定を行います。今回はdebian etchで確認しています。


# ifconfig eth0 down
# ifconfig eth0 192.168.0.11 netmask 255.255.255.0 up

これで設定は完了です。 クライアント間でpingが通る事を確認してください。

カテゴリ: