警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : Armadillo-440/460でCAN1をCON11に割り当てる

対象製品: Armadillo-460Armadillo-440

Armadillo-440/460用のLinux 2.6.26-atカーネルでは、CAN2をCON14に割り当てるためのコンフィグが用意されています。

このカーネルに標準で用意されているCANの割り当て設定はこれのみですが、ソースに修正を加えることでCAN1をCON11から使用することも可能です。

linux-2.6.26-at用パッチファイル

カーネルパッチの当て方

以下のように、Linuxカーネルにパッチを当てます。

atmark@atde:~$ ls
atmark-dist  linux-2.6.26-at  linux-2.6.26-at_add-can1.diff
atmark@atde:~$ cd linux-2.6.26-at
atmark@atde:~$ cat ../linux-2.6.26-at_add-can1.diff | patch -p1

カーネルコンフィグの変更

カーネルをパッチに当てた後、Atmark Distからmake menuconfigしてカーネルコンフィグを行ってください。 以下を変更することで、CAN1をCON11の48ピン(TX)及び49ピン(RX)に割り当てることができます。

System Type  --->
  Freescale MXC Implementations  --->
    MX25 Options  --->
      Armadillo-400 Board options  --->
        [ ] Enable I2C3 at CON11         <-- チェックを外す
        [*] Enable CAN1 at CON11 (NEW)   <-- チェックを入れる

以降は、通常の手順と同様にカーネルをビルドしてください。

カテゴリ: