警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : Armadillo-500 FXでUSB無線LANモジュールを使う

対象製品: Armadillo-500 FX

USB無線LANモジュール GW-US54Mini2をArmadillo-500 FXで使用する方法を説明します。

おおまかな手順は下記のようになります。

  1. カーネルのwireless extensionsを有効にする
  2. カーネルの再コンパイル
  3. 無線LANドライバのコンパイル
  4. ファイルの配置とロード
  5. 無線LANの設定

また、確認環境は以下となります。

  • ユーザーランド: Atmark dist v20090126
  • カーネル : linux-2.6.26-at2
  • USB無線LANモジュール : Planex社 GW-US54Mini2
  • USB無線LANモジュールドライバ :RT2501USB v1.1.0.1
  • 開発環境 : atde2

1. ビルド環境構築

ソフトウェアマニュアルを参照しビルド環境を構築してください。

2. menuconfigを行う

設定を変更するためにmake menuconfigして、カーネルのconfigureを選択します。


[PC ~/atmark-dist/]$ make menuconfig

メニュー画面で以下のようにチェックし、Exitして次のメニューに移ります。


Kernel/Library/Defaults Selection --->
  --- Kernel is linux-2.6.x
  (None) Libc Version
  [ ] Default all settings
  [*] Customize Kernel Settings       ←チェックを入れる
  [ ] Customize Vendor/User Settings
  [ ] Update Default Vendor Settings

3. カーネルコンフィグ

Wireless extensionsを有効にします。


Networking  --->
   Wireless  --->
   <*> Wireless extensions        ←チェックを入れる

4. makeする

再makeし、新しいカーネルイメージを作成します。


[PC ~/atmark-dist/]$ make
(各イメージファイルが完成)

ソフトウェアマニュアルを参照し、新しいカーネルイメージをArmadilloに書き込んでください。

5. 無線LANドライバをコンパイルする

無線LANドライバのソースコードをダウンロードし、コンパイルします。


[PC ~/]$ wget http://www.ralinktech.com.tw/data/drivers/2008_0506_RT73_Linux_STA_Drv1.1.0.1.tar.bz2
[PC ~/]$ tar zxvf 2008_0506_RT73_Linux_STA_Drv1.1.0.1.tar.bz2 .
[PC ~/]$ cd 2008_0506_RT73_Linux_STA_Drv1.1.0.1/

Module/Makefileを以下のように変更します。


#PLATFORM=PC        ←コメントアウト
#PLATFORM=CMPC
PLATFORM=A500FX     ←追加
CC = arm-linux-gcc  ←追加
・・・

ifeq ($(PLATFORM),CMPC)
LINUX_SRC = /home/fonchi/vendor/kernel-default-2.6.21/linux-2.6.21
endif
ifeq ($(PLATFORM),A500FX)                  ←追加
LINUX_SRC = /home/atmark/linux-2.6.26-at   ←追加
endif                                      ←追加

(*)LINUX_SRCのパスはご使用の環境に合わせて読み替えてください。

上記のMakefileはこちらからダウンロード可能です。

また、Module/rtmp_def.hにGW-US54Mini2のVendor/Product情報を追加します。


・・・
#define RT73_USB_DEVICES { \
{USB_DEVICE(0x148f,0x2573)}, /* Ralink */      \
{USB_DEVICE(0x148f,0x2671)}, /* Ralink */      \
{USB_DEVICE(0x2019,0xab50)}, /* GW-US54Mini2 */ \
・・・

makeを実行し、モジュールを作成します。


[PC ~/]$ cd Module
[PC ~/]$ make

カレントディレクトリにある、rt73.bin、rt73sta.datを Armadilloの/etc/Wireless/RT73STAに、rt73.koを任意のディレクトリに ftp等でコピーします。 ftpの操作については、スタートアップガイドを参照してください。

ここまでの手順で作成したカーネルとユーザーランドは以下からダウンロード可能です。 ユーザランドは、rt73.bin、rt73sta.dat、rt73.koも組み込み済となっています。 (rt73.koは/lib/modules/2.6.26-at2/netに配置)

linux-a500-fx-usbwlan.bin.gz

romfs-a500-fx-usbwlan.img.gz

6. モジュールをロードする。

armadillo上で作成したモジュールをロードします。


[armadillo ~]# insmod rt73.ko
Using rt73.ko
idVendor = 0x2019, idProduct = 0xab50 
usbcore: registered new interface driver rt73

以降はWireless-toolsのドキュメントなどを参考にして、ネットワークの有効化を行なってください。

無線LAN有効化の一般的な例


ifconfig rausb0 up              ←"rausb0 "の有効化
iwconfig rausb0 lan0 essid xxx  ←ESS-IDを"xxx"に設定
iwconfig rausb0 enc xxxxxxxxxx  ←WEP-KEYを"xxxxxxxxxx"に設定
iwconfig rausb0                 ←"rausb0 "の接続状態を確認 
                                 (アクセスポイントに接続された場合
                                  MACアドレスが表示される)
(以降は通常のネットワークデバイスと同様にIPアドレスの設定などを行う)

参考:

USB無線LANモジュールを使う

動作デバイス : GW-US54Mini2B

カテゴリ: