警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : オリジナルプロダクトの作成

対象製品: Armadillo-J

カスタマイズしたオリジナルArmadillo-Jをプロダクトとしてソースツリー(uCliux-dist)に登録する方法を説明します。

プロダクトとして登録することで、recoverやbaseのようにコンフィグメニュー上から選択する事ができ、そのデフォルト設定を保持する事ができます。

また、ソースツリー(uClinux-dist)がアップデートされた場合でも、ディレクトリをコピーすることでプロダクトの設定を移行する事ができます。

ここでは、Baseイメージに修正を加えて、新たに"Armadillo-J.Sample"プロダクトを作成します。

1. Sampleプロダクト用のディレクトリを作成

uClinux-dist/vendors/Armadillo-J.Base をコピーして、Armadillo-J.Sampleというディレクトリを作成します。(カレントディレクトリは uClinux-dist とします)


[PC uClinux-dist] cp -a vendors/Armadillo-J.Base vendors/Armadillo-J.Sample

2. コンフィグでArmadillo-J.Sampleプロダクトを選択

"make menuconfig" を実行し、以下のように追加されたプロダクトを選択します。


 Target Platform Selection  ---> 
   (AtmarkTechno/Armadillo-J.Base) Vendor/Product
      (X) AtmarkTechno/Armadillo-J.Sample  

3. コンフィグで各種設定を変更

カーネル、ライブラリ、アプリケーションの設定を変更します。変更方法は、アプリケーション開発手順を参照して下さい。変更した内容はそれぞれ、linux-2.4.x/.config, uClibc/.config, config/.config に保存されます。

4. 変更した設定内容をSampleプロダクトのデフォルト設定にする

"make menuconfig" を実行し、以下のように選択します。


 Target Platform Selection  --->
   [*] Update Default Vendor Setting

これにより、カーネル、ライブラリ、アプリケーションの各設定ファイルが、それぞれ vendor/AtmarkTechno/Armadillo-J.Sample 以下の config.linux-2.4.x, config.uClibc, config.vendor として保存されます。

5. ユーザランドの変更

vendors/AtmarkTechno/Armadillo-J.Sample配下の Makefile や、etc ディレクトリの内容を変更する事で、ユーザランドを変更する事ができます。詳しくはユーザランドの変更方法を参照して下さい。