警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : コンパクトフラッシュ/ハードディスクドライブからブート

対象製品: Armadillo-9

Armadillo-9は、コンパクトフラッシュ(CF)やハードディスクドライブ(HDD)からLinuxシステムをブートすることができます。ここでは起動可能なCFやHDDを作成する手順を説明します。以降ではCFを例に説明しますが、HDDの場合は /dev/hdc の記載をすべて /dev/hda に置き換えてください。

1. Armadillo-9の起動

Armadillo-9にCFを挿入し、JP1、JP2をオープンに設定してオンボードFlashメモリ内のLinuxを起動します。

2. パーティションの設定

fdiskを使用してCFにArmadillo-9で起動可能なパーティションを作成します。起動パーティションは、パーティションタイプを83(Linux)に設定する必要があります。(fdiskの使用方法はmanを参照してください)


[armadillo ~]# fdisk /dev/hdc
hdc: hdc1
Command (m for help):

3. パーティションの初期化

作成したパーティションをEXT2ファイルシステムで初期化します。Armadillo-9の起動パーティションは、mke2fsによる初期化の際に必ず「-O none」オプションを指定する必要があります。


[armadillo ~]# mke2fs -O none /dev/hdc1

4. CFのマウント

CFを/mntにマウントします。


[armadillo ~]# mount /dev/hdc1 /mnt

5. CF上へのシステム構築

/mntにマウントされたCFに、ルートファイルシステムを構築します。 atmark-distで作成されたromfs.imgを利用する場合はromfsイメージからファイルを抽出するには?を、Debianを利用する場合はDebianのセットアップを参照して、ルートファイルシステムを構築してください。

6. Linuxカーネルのコピー

Armadillo-9をCFから起動する場合、カーネルを/bootディレクトリ内に非圧縮イメージ「Image」、またはgz圧縮イメージ「Image.gz」として保存しておく必要があります。任意のカーネルイメージをこのファイル名になるようコピーしてください。


[armadillo ~]# cp linux.bin.gz /mnt/boot/Image.gz

※あらかじめカレントディレクトリ内にカーネルイメージlinux.bin.gzを作成しておいた場合の例です。

7. CFのアンマウント

CFへの書き込み作業完了後、アンマウントします。


[armadillo ~]# umount /mnt

8. 起動オプションの設定

電源切断後、JP2をショートに設定し、CFを抜いて再起動します。 hermit で以下のようにブートオプションを設定します。


hermit> setenv noinitrd root=/dev/hdc1 console=ttyAM0,115200

9. CFからブート

CFを挿入してArmadillo-9を再起動すると、CFのカーネルイメージからブートします。