警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : GPIO(CON9)のI/O速度の測定サンプルの使用方法

対象製品: Armadillo-300

Armadillo-300でGPIO(CON9)のI/O速度の測定に使用した、サンプルドライバとサンプルアプリケーションの使用方法を説明します。 ここでは、~/a300_gpioを作業ディレクトリとします。

1. ソースコードの準備

サンプルドライバとサンプルアプリケーションのソースアーカイブを取得します。

以下のようにコマンドを入力して取得、展開してください。


[PC ~]$ mkdir a300_gpio
[PC ~]$ cd a300_gpio
[PC ~/a300_gpio]$ wget http://download.atmark-techno.com/misc/demos/a300-con9-howto/sample_gpio.tar.gz
[PC ~/a300_gpio]$ tar zxvf sample_gpio.tar.gz

2. カーネルのイメージファイルを作成

サンプルドライバを有効にする為に、デフォルトのGPIOドライバを外す必要があります。 ソースコードからデフォルトイメージを作成するを参照して、a300_gpioディレクトリへ、カーネル/ユーザーランドのイメージファイルの作成環境を構築し、カーネルのコンフィグレーションで、以下のように設定します。
※この時点でビルドを行う必要はありません。


< > Armadillo-3x0 GPIO device driver
<*> Armadillo-3x0 LED device driver

その後、以下のコマンドを入力して、カーネルのイメージファイルを作成します。


[PC ~/a300_gpio]$ cd atmark-dist-20061228
[PC ~/a300_gpio/atmark-dist-20061228]$ make dep all

3. サンプルドライバのビルド

お使いの環境に合わせて、Makefileを編集します。KERNELDIR変数に、カーネルソースファイルのトップディレクトリを指定します。

~/a300_gpio/sample_gpio/sample_driver/Makefile


KERNELDIR = ~/a300_gpio/linux-2.6.12.5-at2/

以下のコマンドを入力して、サンプルドライバをビルドします。
※事前にカーネルがビルドされている必要があります。


[PC ~/a300_gpio]$ cd sample_gpio
[PC ~/a300_gpio/sample_gpio]$ cd sample_driver
[PC ~/a300_gpio/sample_gpio/sample_driver]$ make

4. サンプルアプリケーションのビルド

以下のコマンドを入力して、サンプルアプリケーションをビルドします。


[PC ~/a300_gpio]$ cd sample_gpio
[PC ~/a300_gpio/sample_gpio]$ cd sample_app
[PC ~/a300_gpio/sample_gpio/sample_app]$ make

5. サンプルの実行

作成したカーネルのイメージファイルで、Armadillo-300のフラッシュメモリを書き変えた後に、作成したsample_gpio_driver.koとsample_gpio_appをFTPなどでArmadillo-300へ転送します。 FTPの使用方法は、こちらをごらんください。

以下のように、サンプルドライバを登録後、サンプルアプリケーションを実行します。


[armadillo /home/ftp/pub]$ insmod sample_gpio_driver.ko
[armadillo /home/ftp/pub]$ chmod a+x sample_gpio_app
[armadillo /home/ftp/pub]$ ./sample_gpio_app

実行すると、CON9の各GPIOポートがHIGH/LOWを繰り返します。