警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : デバイスノードの変更方法(Armadillo-J)

対象製品: Armadillo-J

example という名前の メジャー番号:234, マイナー番号:12, char型のデバイスノードを追加する例を基に、デバイスノードの変更方法を説明します。

  1. uClinux-dist ディレクトリに移動

  2. vendors/AtmarkTechno/Armadillo-J.Base/Makefile をエディタで開く

  3. DEVICES 行に example デバイスの記述を追加する

    
    DEVICES = \
      tty,c,5,0      console,c,5,1      \
      \
      mem,c,1,1      kmem,c,1,2         null,c,1,3       ram0,b,1,0 \
      ram1,b,1,1 \
      \
    <中略>
      \
      padr,c,210,8 \
      padr0,c,210,0  padr1,c,210,1      padr2,c,210,2    \
      padr5,c,210,5  padr6,c,210,6 \
      example,c,234,12
    

    ※ 書式は、(デバイス名),(タイプ),(メジャー番号),(マイナー番号) となります。ブロックデバイスの場合はタイプに"b"を指定します。

  4. イメージを再作成する

    
    [PC uClinux-dist]rm -rf romfs    romfsディレクトリの削除
    [PC uClinux-dist]make romfs      romfsイメージ用ディレクトリの作成
    [PC uClinux-dist]make image      FlashROMに書込むイメージを作成
    

作成されたイメージをFlashに書き込むと、/dev/example が作成されています。

カテゴリ: