警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : PCでクロス開発をする

対象製品: Armadillo-9

Armadillo-9は、Linux環境のPCとシリアル接続やLANに接続することによって、カーネルやアプリケーションのクロス開発をすることができます。

1.LinuxのインストールされたPCを用意する

Debian, RedHat, Vineなどの一般的なLinuxディストリビューションを、使用することができます。 WindowsのインストールされたPCであれば、coLinuxを使用することも可能です。 LinuxのPCへのインストール・設定については、それらディストリビューションのマニュアルや、参考書をご覧ください。

2.クロス開発環境パッケージをインストールする

LinuxPCにクロス開発環境をインストールしましょう。

パッケージのインストールをする前に、suでrootユーザになります。

インストールするパッケージ:

Linux開発用モデル付属のCD-ROMの/cross-devディレクトリ下に、deb(Debian系), rpm(RedHat系), tgz(Slackwareなど)の3種類の形式でクロス開発環境が用意されています。クロス開発を行うPCでお使いのディストリビューションに合ったものを選びます。

各形式のディレクトリにある、パッケージをすべてインストールします。

パッケージのインストール方法:

debパッケージ(Debian系)


    [PC ~]# dpkg -i ***.deb

rpmパッケージ(RedHat系)


    [PC ~]# rpm -i ***.rpm

tgz圧縮ファイル(Slackwareなど)


    [PC ~]# cd /
    [PC ~]# tar -zxf ***.tgz

(***はファイル名)

パッケージのインストールをする前に、suでrootユーザになります。

Armadillo-9のオンボードFlashメモリをシリアルポート経由で書き換えるために、Linux PCにシリアルダウンローダ/オンボードフラッシュライタをインストールします。

CD-ROMの/hermitディレクトリに以下のパッケージが、deb/rpm/tgzの3種類の形式で用意されています。 なお、coLinuxを使用している場合、HermitはWin32用のものを使ってください。

以上で、LinuxPCでのクロス開発を行う環境ができました。

カテゴリ: