警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : Javaのセットアップ

対象製品: Armadillo-9

Javaの実行環境の構築と、参考としてTomcatのインストールを説明します。

1. J2REのインストール

もともと Blackdown プロジェクトが ARM用の Javaを公開していたのですが、 すでにプロジェクトは終了しています。そのためファイルはミラーサイトから ダウンロードする必要があります。 ミラーサイトから、ARM用のJ2RE (j2re-1.3.1-RC1-linux-arm.tar.bz2)をダウンロードします。

Armadillo-9上の適当なディレクトリで解凍後に、環境変数のPATHを設定します。


[armadillo ~]# tar jxvf j2re-1.3.1-RC1-linux-arm.tar.bz2 -C /usr/local
[armadillo ~]# export PATH=$PATH:/usr/local/j2re-1.3.1/bin

これでJavaの実行環境が完成です。初心に戻って Hello world! を実行するのも楽しいかもしれません。

2. Tomcatのインストール

文字化けしたりしてますが、参考までにTomcatのインストール方法を記載します。

http://tomcat.apache.org/ から Tomcat3.3.2 のバイナリイメージ(jakarta-tomcat-3.3.2.tar.gz)をダウンロードします。

Armadillo-9上の適当なディレクトリで解凍後に、実行します。


[armadillo ~]# tar zxvf jakarta-tomcat-3.3.2.tar.gz -C ~/
[armadillo ~]# cd ~/jakarta-tomcat-3.3.2
[armadillo ~/jakarta-tomcat-3.3.2]# ./bin/startup

ブラウザで http://[Armadillo-9のIP]:8080/ にアクセスすると、TOPページが表示されるはずです。 (文字化けなど、適切に動作しない部分があります)

カテゴリ: