警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : Debianのセットアップ

対象製品: Armadillo-300Armadillo-9

ArmadilloはDebian GNU/Linuxを動作させることができます。ここでは、CFにDebianを導入して動作させるまでの手順を紹介します。

以下の例ではArmadillo-9を使用していますが、Armadillo-300の場合デバイス名は/dev/hdaとなりますので、適宜読み変えてください。

1. CFの準備

CF上にext2ファイルシステムを作成してDebianをコピーできる状態にします。Debianを導入するだけで350MBぐらいの容量が必要なので、CFは1G以上のもの準備するとよいでしょう。

1.1. CFを挿入して電源を投入

1.2. ログイン後、新しくパーティションを作成


[armadillo ~]# fdisk /dev/hdc

Command (m for help): d
Selected partition 1
Command (m for help): n
Command action
   e   extended
   p   primary partition (1-4)
p
Partition number (1-4): 1
First cylinder (1-993, default 1): 1
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (1-993, default 993): 993

Command (m for help): w
The partition table has been altered!

Calling ioctl() to re-read partition table.
Syncing disks.
#

1.3. ファイルシステムの作成


[armadillo ~]# mke2fs -O -filetype /dev/hdc1

2. DebianをCFにコピー

Debianの分割されたアーカイブファイルをArmadilloにftp転送してCFにコピーします。

2.1. CFと転送ファイル用のramfsをマウント


[armadillo ~]# mount /dev/hdc1 /mnt
[armadillo ~]# mount -t ramfs none /home/ftp/pub
[armadillo ~]# chmod 777 /home/ftp/pub

2.2. ftpでアーカイブファイルを転送

付属CDのdebianディレクトリ、またはダウンロードサイトにある分割されたアーカイブファイルの一つをftpでArmadilloに転送します。(ftpの方法はftpでファイルを送受信するを参照して下さい。)

2.3. CFにアーカイブファイルを展開後ファイルを削除


[armadillo ~]# tar zxvf /home/ftp/pub/arm-sarge-200xxxxx-x.tgz -C /mnt
[armadillo ~]# rm -f /home/ftp/pub/arm-sarge-200xxxxx-x.tgz

※ 2.2.〜2.3.の手順を分割ファイルを全数分繰り返します。

3. 起動モード設定

Hermitの起動モード設定を変更します。

3.1. 再起動する

CFを抜き、ジャンパを以下のように設定して再起動します。

製品名JP1JP2
Armadillo-9オープンショート
Armadillo-3002-3オープン

3.2. 起動パラメータでルートファイルシステムをCFに指定する


Hermit v1.3-armadillo9-2 compiled at 22:13:37, Mar 11 2005
hermit> setenv noinitrd root=/dev/hdc1

4. Debianの起動

CFを挿入しジャンパを以下のように設定して起動すると、Debianが動作します。

製品名JP1JP2
Armadillo-9オープンオープン
Armadillo-3002-3オープン