警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : 日本語入力のセットアップ

対象製品: Armadillo-9

X Window Systemでの日本語入力をセットアップし、メーラーを動作させるまでの手順を説明します。

1. X Window System のインストール

X Window Systemが準備されていない場合は、最初にX Windowのセットアップを行ってください。 (Firefoxはインストールしなくても構いません)

2. kinput2 のインストール

ここではかな漢字変換システムとして canna を、クライアントとしてkinput2を利用します。cannaはすでにDebianイメージに含まれているので、kinput2のみインストールします。


[armadillo ~]# apt-get install kinput2-canna

次に、ホームディレクトリの .xsession を以下の例のように編集します。


kinput2 -canna &
export XMODIFIERS=@im=kinput2
/usr/bin/x-window-manager

3. Thunderbird のインストール

メーラーとして Thunderbird をインストールします。


[armadillo ~]# apt-get install mozilla-thunderbird

Thunderbirdが重い場合は、Sylpheedなどの方がよいかもしれません。

4. X Windowsの起動とメール送信

Xを起動します。


[armadillo ~]# startx

起動したらマウス右クリックで表示されるメニューにて、「Run...」を選択し mozilla-thunderbird と入力して了解ボタンをクリックします。

Thunderbirdが起動したらサーバーの設定などを行った後、メールを作成してみてください。「Shift」+「Space」というキー操作で日本語入力モードになるはずです。解除するときも同様なキー操作になります。

カテゴリ: