警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : IoTセンサーパッケージ/e-DISP・Zを使用したトランクルーム監視デモを動かす

対象製品: Armadillo-IoT G3

この Howto では Armadillo-IoT G3 と IoTセンサーパッケージ/e-DISP・Zを使って、遠隔にある複数のトランクルームの監視を行うデモをご紹介します。

デモの構成を次に示します。

デモ構成図

各トランクルームに設置された、e-DISP・Z搭載の温度センサー、湿度センサー、接点開閉センサーのデータを Wi-SUN規格 の無線通信でArmadilloに転送・集計します。PC、タブレット等からArmadillo上で動作するwebサーバーにアクセスすることで、ブラウザ上から各トランクルームの状況を監視することができます。
接点開閉センサーはトランクルームのドアに取り付けられていると仮定して開閉を検知、開いていれば未使用、閉じていれば使用中としてwebブラウザに表示されます。
Armadilloをゲートウェイとして外部のクラウドに集計したセンサーのデータをアップロードする構成も考えられますが、デモ都合上Armadillo上にwebサーバーを構築しています。

IoTセンサーパッケージのセットアップ

Armadilloをインターネットに接続可能なネットワークに接続します。

Howto : e-DISP・Z のデータを Armadillo で収集する を参照して、IoTセンサーパッケージのデータ集計用アプリケーションのセットアップを行います。

webサーバー/アーカイブのセットアップ

デフォルトのdebian ルートファイルシステムにはすでにwebサーバーがインストールされているため、 デモ用のアーカイブをダウンロード・展開することでデモの動作が可能です。

アーカイブ trunkroom-monitoring.tar.gzをArmadilloにダウンロードします。

[Armadillo]$ wget http://download.atmark-techno.com/misc/howto_edispz-trunkroom-monitoring-demo/trunkroom-monitoring.tar.gz

trunkroom-monitoring.tar.gzを/var/www/html/に展開します。

[Armadillo]$ sudo tar xzf trunkroom-monitoring.tar.gz -C /var/www/html/

使用するe-DISP・Z MACアドレスの登録

/var/www/html/trunkroom-monitoring/index.html を編集し、使用するe-DISP・Z のMACアドレスを登録します。

e-DISP・Z背面 MACアドレス記載位置

[Armadillo]$ sudo vi /var/www/html/trunkroom-monitoring/index.html

48行目付近のedispz変数にe-DISP・Z のMACアドレスを記載します。
※ 下の例のように、:(コロン)は含まない形で記載してください

var edispz=["00C14F01020A",
            "00C14F01020B",
            "00C14F01020D"];

webサーバーへのアクセス

PCやタブレット等をArmadilloのwebサーバーにアクセス可能なネットワークに接続し、ブラウザから http://[ArmadilloのIPアドレス]/trunkroom-monitoring/ にアクセスすると次のよう表示されます。

web画面

カテゴリ: