警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : パラレルポートの使い方(Armadillo-J)

対象製品: Armadillo-J

(※ パラレルポートドライバは 2004/04/14 以降のバージョンでのみ利用可能です。)

パラレルポート(CON2)に対応するデバイスノードのパラメータ表は以下の通りです。

タイプ メジャー
番号
マイナー
番号
ノード名 デバイス名
キャラクタ
デバイス
210 0 padr0 Port A Data Register
CH0 (Pin.7)
1 padr1 Port A Data Register
CH1 (Pin.5)
2 padr2 Port A Data Register
CH2 (Pin.6)
5 padr5 Port A Data Register
CH5 (Pin.3)
6 padr6 Port A Data Register
CH6 (Pin.4)
8 padr Port A Data Register
全CH (8bits)
16 padr0 Port A Data Direction
Register CH0 (Pin.7)
17 paddr1 Port A Data Direction
Register CH1 (Pin.5)
18 paddr2 Port A Data Direction
Register CH2 (Pin.6)
21 paddr5 Port A Data Direction
Register CH5 (Pin.3)
22 paddr6 Port A Data Direction
Register CH6 (Pin.4)

各デバイスノードのデータ型は以下の通りです。

padr0,1,2,5,6 (各CH): unsigned char(符号無し 8bit) 0x00 / 0x01
padr (全CH): unsigned char(符号無し 8bit) 0x00〜0xff
paddr0,1,2,5,6 (各CH): unsigned char(符号無し 8bit) 0x00 / 0x01 / 0x02

操作方法

パラレルポート各ピンを入出力、またはシリアルのどのモードで使用するかを paddr で設定(0:入力, 1:出力, 2:シリアル)し、データの読み書きを padr で行うことができます。
padr0,1,2,4,5 / paddr0,1,2,5,6 は各CH毎についての読み書きが可能で、padr は全CH(8bit)一括の読み書きが可能です。CH0が最下位ビット、CH7が最上位ビットとして、padr(全CH)の各ビットに対応します。(CH3,4,7はシリアルモード固定なため、書込を行っても値は変化しません。)

パラレルポート操作のサンプルプログラムはここから参照できます。

※デフォルトの設定でパラレルドライバは使用可能ですが、変更する場合はカーネルコンフィグレーションの以下の項目設定を変えて下さい。


Character devices --->
   [*] NETARM port support
カテゴリ: