警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : ブートローダ(hermit)の更新方法 [S-TYPEのみ]

対象製品: Armadillo-J

(注意) 書き換えに失敗した場合Armadillo-Jが故障する場合があります。
自己責任によって行って下さい。

通常ブートローダを更新する必要はありません。 書き換えには次の点に注意して下さい。

  • Armadillo-Jの電源を切らない
  • Armadillo-Jと開発用PCを接続しているシリアルケーブルを外さない
  • 間違ったファイルを書き込まない
  • C-TYPEではブートローダの更新はできません

Armadillo-Jに搭載されているブートローダの書き換え方法は次のとおりです。


[PC ~]# hermit firmupdate -i hermit.bin

使用しているHermitが古い場合、firmupdateのコマンドが使用できません。firmupdateコマンドをサポートしているのは、バージョン 1.3-armadillo-6からです。1.3-armadillo-6以降のHermitがPC側とArmadillo-J側の両方にインストールされている必要があります。

PC側のHermitのバージョンを調べる方法


[PC ~]# hermit -V
Hermit v1.3-armadillo-6 compiled at 15:51:04, Jan 15 2004

Armadillo-J側のHermitのバージョンを調べる方法

  1. Armadillo-JのJP4をショートする
  2. シリアルクロスケーブルでPCと接続する
  3. PCで minicomなどのシリアルコンソールツールを起動する
  4. Armadillo-Jの電源を入れる

Hermit v1.3-armadillo-6 compiled at 03:54:26, Jan 14 2004
hermit>

Armadillo-J側のHermitが 1.3-armadillo-5の場合、download機能を使ってHermitの書き換えを行なわなければなりません。書き換え中に電源を落としたり、シリアルケーブルが抜けたりすると、Armadillo-Jが起動しなくなってしまいます。十分注意してください。


[PC ~]# hermit download -i hermit.bin -r hermit --force-locked
カテゴリ: