警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : イメージの書き換え手順

対象製品: Armadillo-J

(※) 書き換えに失敗した場合Armadillo-Jが正常に起動しなくなる場合がありますので、次の点に注意して下さい。

  • Armadillo-Jの電源を切らない
  • Armadillo-Jと開発用PCを接続しているシリアルケーブルを外さない
  • 間違ったファイルを書き込まない
  • user領域以外には絶対に書き込まない(C-TYPE)

ダウンローダ(hermit)を使ったFlashメモリの書き換え手順は次のようになっています。

1. ジャンパーピンの設定

電源を投入する前にJP4をショートして、Armadillo-Jを書き換えモードで起動します。詳しくはジャンパーピン、またはHardware Manualをご覧ください。

2. 書き換えイメージの転送

開発用PCで次のコマンドを入力します。


[PC ~]# hermit download -i base.img -r user
hermit      :  コマンド名本体(固定)
download    :  動作指定、hermitに対して「download」を行うように指示
-i base.img :  ファイル名の指定、ダウンロードするファイルを指定します。(-i "ファイル名")
-r user     :  リージョンの指定、ファイルを書き込む先のFlashメモリ領域を指定します。
                ("-i user"で固定です)

開発用PCで使用するシリアルポートが「ttyS0」以外の場合、オプション「--port "ポート名"」を追加して下さい。書き込み状況が表示され、プロンプトが表示された時点で書き換えは終了です。