警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : Armadillo-IoT(型番: AG401-)搭載3GモジュールでSMSを使う

対象製品: Armadillo-IoT G1/G2

「Armadillo-IoT ゲートウェイ スタンダードモデル」搭載の3GモジュールでSMSを使う方法を紹介します。

型番によって手順が異なります。対応関係を以下に示します。

型番 外観 本howtoに対応/非対応
AG401- 対応
AG421- 非対応
こちらを参照してください

必要機材

  • Armadillo-IoT ゲートウェイ スタンダードモデル
  • SMS対応 microSIM(UIM カード)

3G データ通信設定を行う前に

3G データ通信を利用するには、通信事業者との契約が必要です。契約時に通信事業者から貸与されたmicroSIMとAPN 情報を準備します。

Armadillo-IoT の電源が切断されていることを確認してから microSIM(UIM カード)を取り付けてください。

microSIMは、次のようにArmadillo-IoT に取り付けます。

APN の設定を行うには、次に示す情報が必要です。

  • APN
  • ユーザー名
  • パスワード
  • 認証方式(PAP または CHAP)
  • PDP Type(IP または PPP)

3G モジュールを制御するソフトウェア

3G モジュールは、TTY デバイスファイル /dev/ttyUSB3 から制御を行うことができます。

/dev/ttyUSB3 から、対話形式での AT コマンドが利用できます。AT コマンドを利用すると、接続先やユーザ名、パスワードの設定などを行うことができます。

Armadillo-IoT のソフトウェアでは、AT コマンドを自動実行するシェルスクリプトがインストールされています。このスクリプトを使用して接続先設定とパケット接続を行うと、通常のネットワークインターフェースとして使用することができるようになります。

3Gの接続を行う

APNの設定

3G モジュールにAPN 情報を設定します。APN 設定には 3g-set-ap コマンドを利用します。3g-setap コマンドのヘルプは次の通りです。


[armadillo ~]# 3g-set-ap
usage: /usr/bin/3g-set-ap [apn] [user] [passwd] [auth_type] [pdp_type]
   apn       ... access point name
   user      ... user name
   passwd    ... pass word
   auth_type ... NON/PAP/CHAP(default)
   pdp_type  ... IP(default)/PPP

次の表の内容に設定するコマンド例を以下に示します。

項目 設定
APN [apn]
ユーザー名 [user]
パスワード [password]
認証方式 CHAP
PDP Type IP

[armadillo ~]# 3g-set-ap [apn] [user] [password] CHAP IP

APN 情報は、3G モジュール内の不揮発性メモリに保存されます。そのためArmadillo-IoT の電源を切断しても再設定を行う必要はありません。

3G インターフェースの有効化

3G インターフェースを有効化するには、次のようにコマンドを実行します。

ご利用のソフトウェア環境によって、ネットワークデバイス名が異なります。 対応関係を以下に示します。

ソフトウェア ネットワークデバイス名
Linux 2.6.26-at
Atmark Dist v20150424 以前
usb0
Linux 3.14-at
Atmark Dist v20150618 以降
umts0


[armadillo ~]# ifup [ネットワークデバイス名]

ショートメッセージの送信

3GモジュールでATコマンドを実行し、ショートメッセージを送信します。

tip コマンドを実行して /dev/ttyUSB3 に接続します。ボーレートは115200bps です。


[armadillo ~]$ tip -l /dev/ttyUSB3 -s 115200
Connected.

CMGF コマンドを実行し、SMS Text Modeに設定します。


AT+CMGF=1
OK

CMGS コマンドを実行し、指定した電話番号にショートメッセージを送信します。


AT+CMGS="11桁の電話番号" 
> hello world!<※ CTRL+Z を入力>
+CMGS: 6

ショートメッセージの受信

電話番号の確認

Armadillo-IoT に接続しているmicroSIMの電話番号を確認するには次のようにコマンドを実行します。


[armadillo ~]# 3g-phone-num
[11桁の電話番号]

他の端末から、Armadillo-IoT側の電話番号にショートメッセージを送信してください。

受信メッセージの確認

ショートメッセージの受信は自動的に行われます。 受信したショートメッセージを確認するには次のようにATコマンドを実行します。


AT+CMGL="ALL" 
+CMGL: 1,"REC READ","11桁の電話番号",,"14/12/19,15:24:31+36" 
hello world!