警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : Armadillo-IoT G2 3Gモジュールファームウェア情報まとめ

対象製品: Armadillo-IoT G1/G2

Armadillo-IoT ゲートウェイ G2に搭載されている 3Gモジュール(Sierra Wireless社 HL8548)では 現在、アットマークテクノ ユーザースサイトから2種類のファームウェアを配布しております。

しかし、2種類のファームウェアそれぞれに、データ接続に関する異なる不具合がある状況です。

3Gのデータ通信機能を利用した製品開発をおこなう場合、それぞれの不具合内容を理解した上で どちらのファームウェアを利用するか選択を行なってください。

また、利用するファームウェアで十分な製品試験を行った上で、 量産化する際には必ず試験を実施したバージョンのファームウェアの書き込みを行なってください。

ファームウェア一覧と重要な不具合内容

アットマークテクノから配布しているHL8548 ファームウェアと重要な不具合一覧を次に示します。

ファームウェア・書き込みツールはアットマークテクノ ユーザーズサイトからダウンロードが可能です。
※ ダウンロードには購入製品登録が必要です。

バージョン: RHL85xx.5.5.16.0.201505261641.x6250_2
  • 不具合内容
    • データ接続/切断を269回程度繰り返すとデータ接続がエラーになる
    • 一度でもデータ接続に失敗するとモジュールをリセットするまでデータ接続ができない
  • 回避方法
    • モジュールをリセットし、再度データ接続を行う
  • ファームウェア書き込みツール
    • https://users.atmark-techno.com/system/files/protected_files/RHL85xx.5.5.16_WIN.zip
バージョン: RHL85xx.5.5.22.0.201603171544.x6250_3
  • 不具合内容
    • DNSサーバーにアクセスしない回線契約の場合にデータ接続ができない(閉域網の場合に多いです)
  • 回避方法
    • なし
  • ファームウェア書き込みツール
    • https://users.atmark-techno.com/system/files/protected_files/RHL85xx_5_5_22_WIN.zip

ファームウェアバージョンの確認方法

現在書き込まれているファームウェアのバージョンの確認方法は、製品マニュアルを参照してください。

  • http://manual.atmark-techno.com/armadillo-iot/armadillo-iotg-std_product_manual_ja-2.8.0/ch06.html#sec-net-3g-get-fw-version

ファームウェアの書き込み方法

ファームウェアの書き込み方法は、製品マニュアルを参照してください。

  • http://manual.atmark-techno.com/armadillo-iot/armadillo-iotg-std_product_manual_ja-2.8.0/ch06.html#sec-net-3g-fw-update

※ FW5.5.16からFW5.5.22へのアップグレード、FW5.5.22からFW5.5.16へのダウングレードどちらも可能です

アットマークテクノの初期出荷ファームウェアバージョン

開発セット(型番: AG421-D**Z)の場合
  • 「バージョン: RHL85xx.5.5.22.0.201603171544.x6250_3」が書き込まれます
量産品の場合
  • ご指定がない場合は、「バージョン: RHL85xx.5.5.22.0.201603171544.x6250_3」が書き込まれます