警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : Armadillo-IoTでRS232Cアドオンモジュール(RS00)を使用する

対象製品: Armadillo-IoT G1/G2

「Armadillo-IoT ゲートウェイ スタンダードモデル開発セット」に搭載されている「Armadillo-IoT RS232Cアドオンモジュール RS00」(以降、RS232Cアドオンモジュールと記載します)を使用する方法を紹介します。

必要機材

  • Armadillo-IoT ゲートウェイ スタンダードモデル開発セット
  • シリアルクロスケーブル

接続方法

次のように接続します。RS232Cアドオンモジュールは、2つあるアドオンインターフェース(CON1, CON2)のどちらに接続しても構いません。

接続確認

工場出荷状態のソフトウェアでは、アットマークテクノ製アドオンボードの自動検出機能が有効化されています。RS232Cアドオンモジュールを自動検出すると、Linux カーネルの起動ログに次のように表示されます。

Hermit-At v3.3.0 (armadillo-iotg-std) compiled at 10:41:18, Dec 08 2014                                                      
hermit> boot
    :(省略)
Atmark Techno RS232C board detected at CON1(0x0001).  # CON1にRS232Cアドオンモジュールを接続した場合
Atmark Techno RS232C board detected at CON2(0x0001).  # CON2にRS232Cアドオンモジュールを接続した場合
    :(省略)
armadillo-iotg login: 

RS232Cアドオンモジュールが検出されると、TTYデバイスファイルが生成されます。RS232C アドオンモジュールを接続したアドオンインターフェースと、TTY デバイスファイルの対応を次に示します。

アドオンインターフェース TTYデバイスファイル
CON1 /dev/ttymxc3
CON2 /dev/ttymxc0

動作確認

ここでは、RS232C アドオンモジュールのシリアルインターフェースをシリアルコンソールとして使用します。

ATDE で minicom を起動します。RS232Cアドオンモジュールに接続されているシリアルデバイスを指定します。次の例では、/dev/ttyS0 を指定しています。

atmark@atde5:~$ minicom -o -w -D /dev/ttyS0

Armadillo-IoT で getty を起動します。次の例では、CON1に接続したRS232Cアドオンモジュールに対応するttymxc3を指定しています。

[root@armadillo-iotg (ttymxc1) ~]# echo ::respawn:/sbin/getty -L 115200 ttymxc3 >> /etc/inittab
[root@armadillo-iotg (ttymxc1) ~]# kill -SIGHUP 1

ATDE の minicom に次のようにログインプロンプトが表示されます。ユーザー「guest」でログインすることができます。

atmark-dist v1.36.0 (AtmarkTechno/Armadillo-IoTG-Std)
Linux 2.6.26-at21 [armv5tejl arch]

armadillo-iotg login: guest
[guest@armadillo-iotg (ttymxc3) ~]$
以下のように/etc/securetty に端末(シリアルデバイス)を登録すると、特権ユーザー「root」でログインすることが可能になります。

    [root@armadillo-iotg (ttymxc1) ~]# echo ttymxc3 >> /etc/securetty