警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : IPSecを使用する:ipsec-toolsのコンパイル

対象製品: Armadillo-210

IPSecとは、Secureなインターネットプロトコルです。 認証と暗号化が実装されており、高セキュリティなデータ通信が可能となります。

ここでは、ipsec-toolsに含まれるsetkey及びracoonのビルド方法について説明します。 使用方法については、

を参照して下さい。

  1. ソースの取得
    ここからipsec-tools-0.6.5を取得し、展開してください。

  2. ビルド
    ※configureを成功させるには、ビルドするPCにlibssl-devがインストールされている必要があります。


[armadillo ~]$ cd ipsec-tools-0.6.5
[armadillo ipsec-tools-0.6.5]$ ./configure --build=i686-pc-linux-gnu \
          --host=arm-linux-gnu \
          --with-kernel-headers=[A210のカーネルソースのinclude dirへの絶対パス]
[armadillo ipsec-tools-0.6.5]$ make CC=arm-linux-gcc
[armadillo ipsec-tools-0.6.5]$ ls src/setkey/setkey src/racoon/racoon
src/setkey/setkey src/racoon/racoon

これでIPSecを使用するためのアプリケーションの準備が整います。