警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : IPv6対応(Armadillo-J)

対象製品: Armadillo-J

Armadillo-JでIPv6対応のイメージの作成とIPv6対応アプリケーションについて説明します。
ソースファイルは、以下のバージョンより新しいものを対象とします。

  • linux-2.4.22-uc0-aj2.tar.gz
  • atmark-dist-20050729.tar.gz

1. カーネル、ユーザーランド設定


[PC atmark-dist/]$ make menuconfig

メニュー画面が表示されるので、


Kernel/Library/Defaults Selection --->
  --- Kernel is linux-2.4.x
  (uClibc) Libc Version
  [   ] Default all settings
  [ * ] Customize Kernel Settings
  [ * ] Customize Vendor/User Settings
  [   ] Update Default Vendor Settings

と設定します。

つぎにカーネル設定のメニュー画面が表示されるので、


Networking options --->
  < * > The IPv6 protocol (EXPERIMENTAL)

とします。

つぎにユーザーランド設定のメニュー画面が表示されるので、


BusyBox --->
  [ * ] ping6
  [ * ] Enable IPv6 support

とします。

2. uClibcの設定


[PC atmark-dist/]$ cd uClibc
[PC atmark-dist/uClinc/]$ make menuconfig

メニュー画面が表示されるので、


Networking Support --->
  < * > IP version 6 Support

とします。

3. イメージの作成


[PC atmark-dist/uClibc/]$ cd ..
[PC atmark-dist/]$ make dep all
[PC atmark-dist/]$ cd images
[PC atmark-dist/images/]$ ls
image.bin image.bin.chsum linux.bin romfs.img

できたimage.binをArmadillo-Jに書き込めばOKです!

4. 動作確認済みアプリケーション

atmark-distに導入されているアプリケーションで動作が確認できたものです。

ping6


[armadillo ~]$ ping6 fe80::xxxx:xxxx:xxxx:xxxx

route


[armadillo ~]$ route -A inet6

ifconfig


[armadillo ~]$ ifconfig eth0
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:40:9d:xx:xx:xx
          inet addr:192.168.10.250  Bcast:192.168.10.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fec0::xxxx:xxxx:xxxx:xxxx/64 Scope:Site
          inet6 addr: fe80::xxxx:xxxx:xxxx:xxxx/64 Scope:Link
          UP BROADCAST NOTRAILERS RUNNING  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:155 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:89 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:0 (0.0 B)  TX bytes:0 (0.0 B)
          Interrupt:39
カテゴリ: