警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : TELNETサーバ、FTPサーバをIPv6対応にする

対象製品: Armadillo-210

telnetd、ftpdをIPv6対応にするためには、以下のような変更が必要です。

これらの各手順を説明していきます。

この説明には、「usagi-tool-stable-20050714」を使用します。
usagi-toolの下準備
を参照して準備してください。

1. inetdのIPv6対応化


[PC ~]$ cd usagi/inetd
[PC usagi/inetd]$ .configure

[PC usagi/inetd]$ make CC=arm-linux-gcc
[PC usagi/inetd]$ 

2. tcpdのIPv6対応化


[PC ~]$ cd usagi/tcpd
[PC usagi/tcpd]$ .configure

[PC usagi/tcpd]$ make CC=arm-linux-gcc
[PC usagi/tcpd]$ 

3. telnetdのIPv6対応化


[PC ~]$ cd usagi/telnetd
[PC usagi/telnetd]$ .configure

[PC usagi/telnetd]$ make CC=arm-linux-gcc
[PC usagi/telnetd]$ 

4. ftpdのIPv6対応化


[PC ~]$ cd usagi/ftpd
[PC usagi/ftpd]$ .configure

[PC usagi/ftpd]$ make CC=arm-linux-gcc
[PC usagi/ftpd]$ 

5. inetd.confの修正

ファイルを以下のようにインストールしたと仮定します。

/usr/sbin/inetd
/usr/sbin/tcpd
/usr/sbin/telnetd
/usr/sbin/ftpd /etc/inetd.conf

を以下のように作成して下さい。


telnet stream  tcp     nowait  root /usr/sbin/tcpd  /usr/sbin/telnetd
telnet stream  tcp6    nowait  root /usr/sbin/tcpd  /usr/sbin/telnetd

ftp    stream  tcp     nowait  root /usr/sbin/tcpd  /usr/sbin/ftpd
ftp    stream  tcp6    nowait  root /usr/sbin/tcpd  /usr/sbin/ftpd -6

6. インストール時の注意

  • ビルドしたバイナリファイルはストリップしましょう。(arm-linux-strip)
  • 必要となるライブラリも一緒にインストールしましょう。(libm、libncurses、libstdc++)
  • inetdは置き換えるだけでは更新されないので、restartさせましょう。
  • ftpdを正常に動作させるためには、いくつかのファイルのパーミッション設定が必要です。詳しくはusagi-toolに付属されているドキュメントを参照して下さい。

※本ページに記載されている内容は、動作を保証するものではありません。
※詳しく知りたい場合は、usagi-toolやlinuxのドキュメントを参照して下さい。

カテゴリ: