警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : 開発環境の構築(Armadillo-J)

対象製品: Armadillo-J

以下の手順に従って、 Linuxが動作する開発用PC上に、開発環境を構築します。

1. 開発用ツールチェーンのインストール

付属CDより「arm-elf-tools-20030314.sh」を用意し、実行します。「arm-elf-tools-20030314.sh」はコンパイラ、binutils、uClibcライブラリを含んだ、開発用ツールチェーンのインストーラです。開発用ツールチェーンは「/usr/local/bin」にインストールされます。


[PC ~]# sh ./arm-elf-tools-20030314.sh

※ 必ずroot権限で行って下さい。

2. PATHの追加

環境変数「PATH」にコマンドパスを追加し、開発用ツールチェーンのコマンドを実行可能にします。環境変数の設定方法は、お使いのディストリビューションに対応する情報を参照して下さい。既に「/usr/local/bin」がPATH内に存在する場合、新たにPATHを追加する必要はありません。


[PC ~]$ export PATH="$PATH:/usr/local/bin"
[PC ~]$ echo $PATH
[PC ~]$ /usr/bin:/bin:/usr/bin/X11:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/bin

3. ソースコードの準備

付属CDより「uClinux-dist.tar.gz」を用意し、ファイルを展開します。「uClinux-dist.tar.gz」はカーネル/ユーザランド開発用の統合パッケージです。


[PC ~]$ gzip -cd uClinux-dist.tar.gz | tar xf -
[PC ~]$ ls
uClinux-dist
[PC ~]$ 
カテゴリ: