警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : 解像度と色深度の変更(カーネル2.6系)

対象製品: Armadillo-9Armadillo-240

2.6系のカーネルで出力解像度を変更する方法について説明しいます。2.4系のカーネルをご利用の方はこちらをご参照ください。

ビデオ出力解像度を変更する場合、カーネルパラメータに希望解像度を指定します。 カーネルパラメータは、Hermitのプロンプトから、setenvコマンドを使って設定します。

解像度と色深度の変更


hermit> setenv video=ep93xxfb:CRT-800x600,8bpp

としておくことによりSVGA(800x600),8ビットカラーになります。

設定できる文字列は以下の通りです。

解像度 (代表的なもの)

CRT-640x480@60 : 640x480 60Hz
CRT-640x480@72 : 640x480 72Hz
CRT-640x480@75 : 640x480 75Hz
CRT-800x600@56 : 800x600 56Hz
CRT-800x600@60 : 800x600 60Hz
CRT-800x600@72 : 800x600 72Hz
CRT-800x600@75 : 800x600 75Hz
CRT-1024x768@60 : 1024x768 60Hz
CRT-1024x768@70 : 1024x768 70Hz
CRT-1024x768@75 : 1024x768 75Hz

色深度

8bpp : 8ビットカラー
16bpp : 16ビットカラー
24bpp : 24ビットカラー
32bpp : 32ビットカラー

ビデオクロックについて

EP93xxのビデオクロックには、

  1. CPUクロック(の元となるもの)
  2. (通常)48MHz×N(USB系)
  3. 14.7456MHz

の3種を元に、比較的近いクロックを自動生成したものを使用します。

正確なビデオクロックが必要な場合や、ご利用のモニタと相性が悪い場合は、 上記のクロックの調整を行ない、デバイスドライバーのソースコードを修正することで、 ご希望のクロックを作り出せる可能性があります。

ソースコードは、linux-2.6.12.3-a9/drivers/video/ep93xxfb.c を、クロックツリーは、EP9315 Users Guide の 「5.1.5 Clock Control」を参照してください。