警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : ATDEに割り当てるメモリを変更する方法

対象製品: Armadillo-840Armadillo-810Armadillo-500 FXArmadillo-500Armadillo-460Armadillo-440Armadillo-420Armadillo-300Armadillo-9Armadillo-240Armadillo-230Armadillo-220Armadillo-210Armadillo(HT1070)Armadillo-JArmadillo-WLAN(OP-WL11)

VMware Player 3.0になってから、仮想マシンの設定がGUIで簡単に変更できるようになりました。 開発環境として ATDE を使っている場合、VMware Playerに多くのメモリを割り当てた方がコンパイルが早くなるようです。ATDE3では多くの環境で利用されることを前提としているため、それほど多くのメモリを割り当てていません。ここでは、4GBのメモリを持った Windows PC を前提に、仮想マシンに割り当てるメモリの変更方法を説明します。

VMware Player 3.0

まず VMware Player を起ち上げ、atde3を選択してください。さらに、右下にある「仮想マシン設定の編集」を選択すると、下図のような画面が開きます。

VMware Player 3.0 Virtual Machine 1024MB of Memory

左側に仮想ハードウェアの一覧が表示され、メモリが選択された状態になります。ここで、お使いの環境に合せ ATDEに割り当てたいメモリ量を指定してください。図2では 1024MB (1GB)のメモリを割り当てています。Windows の方でも頻繁に作業している場合は少し余裕を持って設定した方が良いです。もし、ATDE専用であれば、ギリギリまで割り当てても良いと思います。何度か割り当て量を変更して実際に試してみてください。

設定が完了したら、「OK」を押してください。

カテゴリ: