警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : サンプルプログラムの転送・実行(ftp編)

対象製品: Armadillo-500 FXArmadillo-500Armadillo-460Armadillo-440Armadillo-420Armadillo-300Armadillo-9Armadillo-240Armadillo-230Armadillo-220Armadillo-210Armadillo(HT1070)Armadillo-J

Armadilloでftpサーバが起動している場合、作成したプログラムをftp転送することができます。以下の例は、Armadillo-230でIPアドレスが「192.168.10.21」の場合です。

1. ftpによる接続、転送

デフォルトの状態でのユーザ名とパスワードは、製品により異なります。

製品名ユーザ名パスワード
Armadillo(HT1070)anonymous(なし)
ftp(なし)
Armadillo-Jguestguest
Armadillo-9ftp(なし)
Armadillo-200シリーズftp(なし)
Armadillo-300ftp(なし)
Armadillo-400シリーズftp(なし)
Armadillo-500/500 FXftp(なし)

[PC ~/sample]$ ftp 192.168.10.21
Connected to 192.168.10.21.
220 localhost FTP server (GNU inetutils 1.4.1) ready.
Name (192.168.10.21:sample): ftp
331 Guest login ok, type your name as password.
Password:
230 Guest login ok, access restrictions apply.
Remote system type is UNIX.
Using binary mode to transfer files.
ftp> bin
200 Type set to I.
ftp> cd pub
250 CWD command successful.
ftp> put sample
local: sample remote: sample
200 PORT command sucessful.
150 Opening BINARY mode data connection for 'sample'.
226 Transfer complete.
9491 bytes sent in 0.00 secs (149492.8 kB/s)
ftp> bye

2. sampleの実行

プログラム転送の完了後、Armadillo上から実行します。


 [armadillo ~]$ cd /home/ftp/pub
 [armadillo ~]$ chmod a+x sample
 [armadillo ~]$ ./sample

 Hello, World!
 [armadillo ~]$
カテゴリ: