警告メッセージ

Howtoは、Armadilloシリーズを有効に活用するための参考資料です。使用ソフトウェアのバージョンなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

Howto : サンプルプログラムの転送・実行(hermit編)

対象製品: Armadillo-J

作成したサンプルプログラムをアプリケーションイメージに含めて、hermitを使用しArmadillo-JのFlashメモリに転送します。

1. ファイルのコピー

「開発環境の構築」で展開したdistパッケージによって作成されたディレクトリ「uClinux-dist/romfs/bin/」に、作成したファイル(sample)をコピーします。

ディレクトリ「uClinux-dist/romfs/」下にあるファイル・ディレクトリは、Armadillo-J上のルートディレクトリ("/")に展開されます。


 [PC ~/sample]$ cp -a sample ../romfs/bin
 [PC ~/sample]$ cd ../romfs/

ファイルのコピー後、以下の手順に従ってイメージ(image.bin)を作成します。


 [PC ~/sample]$ cd ..
 [PC ~]$ make romfs
 [PC ~]$ make image

2. sampleの実行

イメージの転送の完了後、Armadillo-Jの電源を再投入(OFF/ON)・ログインして、作成したプログラムを実行します。


 [armadillo ~]$ /bin/sample
 Hello, World!
 [armadillo ~]$