Armadillo-210 仕様変更のお知らせ

技術的な改善のため、Armadillo-210の回路を一部変更いたしました。最新の基板リビジョンはRev.Cとなります。この改版により、LED制御信号の仕様が変更となりますので、お知らせいたします。

変更内容

LEDを制御するEP9307のGPIO信号が以下のように変更になります。Rev.C基板より、Armadillo-220/230/240のLED仕様と同じになります。

EP9307のGPIO信号 基板リビジョン
Rev.A, RevB Rev.C
Port E:0 (GRLED) 赤色LED制御 緑色LED制御
Port E:1 (RDLED) 緑色LED制御 内部回路で使用
Port C:7 (ROW7 ) 未使用 赤色LED制御

※基板リビジョンは、DCジャック(CON7)と緑色LED(D1)間の基板表面に記されています。

対応ソフトウェア

この変更に伴い、新旧基板リビジョンに対応したブートローダ及びLinuxカーネルを公開しました。

なお、新しいLinuxカーネルを使用した場合、内蔵のLEDドライバを使用する既存アプリケーションについては変更の必要がありません。

バイナリファイル

出荷状態に戻す場合は、下記バージョンのイメージをご使用ください。

ソースコード

ソースコードをカスタマイズされる方は、下記バージョンのソースコードをご使用ください。

※Rev.C基板では旧バージョンのソフトウェアを使用した場合、正常に起動することができないのでご注意ください。