Armadillo 製品アップデートのお知らせ (2007年12月)

Armadillo各製品のソフトウェアとドキュメントのアップデートを行ないました。以下の製品が対象になります。

  • Armadillo-500
  • Armadillo-300
  • Armadillo-9
  • Armadillo-240
  • Armadillo-230
  • Armadillo-220
  • Armadillo-210

なお、今回の更新は付属CD-ROM version 20071214から含まれます。ダウンロードサイトのデータはすでに更新済みです。

Atmark Dist(atmark-dist-20071214)

パッケージ

  • pppdをv2.3からv2.4.4へアップグレード
  • fbgrubを追加

その他の変更

  • 全ての製品で/etc/default, /etc/configディレクトリの使用方法を統一
    対象製品:全て
  • gpioctrlでGPIO_ALLの扱いを修正
    対象製品:Armadillo-210,Armadillo-220,Armadillo-230,Armadillo-240
  • オーディオ関連のソフトウェア(vplay,vrec,mixer)をデフォルトイメージに組み込み
    対象製品:Armadillo-500
  • プロダクトMakefileの変数DIRSをSUBDIR_yに修正
    対象製品:Armadillo-9

カーネル

Armadillo-9 (linux-2.4.31-a9-4)

  • 16550ドライバ使用時に「Division by zero in kernel.」と表示されてしまい、正常にデータ通信できない不具合を修正

Armadillo-9/210/220/230/240 (linux-2.6.12.3-a9-13)

  • GPIOドライバのヘッダーファイルからGPIO_ALLを削除

Armadillo-500 (linux-2.6.18-at3)

  • I2Cドライバの送受信動作に失敗する不具合を修正
  • I2CドライバでI2C1に対応するアダプタを追加
  • オーディオドライバの録音処理時の不具合を修正

ツールチェーンとライブラリ

  • libexpat1(1.95.8-3.4)を追加
  • gdb(6.4.80.dfsg-1)を追加

ブートローダ (hermit-at-1.1.13)

  • ATAGでINITRDの指定タグをATAG_INITRD2に変更

フラッシュイメージファイル

Armadillo-9/210/220/230/240/300/500の各イメージファイルを更新しました。
各イメージファイルは、GCC-4.1でビルドされています。
※ Armadillo-9でkernel-2.4を使用したイメージのみGCC-3.4でビルドされています。

Debian GNU/Linux ベースイメージ

  • sargeからetchに更新
    対象製品:Armadillo-9,Armadillo-300

ドキュメント

ハードウェアマニュアル

  • Armadillo-9 ハードウェアマニュアル (1.0.10)
    AN011(PC104コネクタ実装品)に関する記述を追加

  • Armadillo-500開発ボード-ハードウェアマニュアル (1.0.2)
    仕様に関する表記を修正

  • Armadillo-500ハードウェアマニュアル (1.0.2)
    仕様に関する表記を修正

ソフトウェアマニュアル

  • Armadillo-9 ソフトウェアマニュアル (1.0.16)
    最新のソフトウェアに合わせて記述を修正
    Debian/GNU Linux ベースイメージのファイル名を変更

  • Armadillo-210 ソフトウェアマニュアル (1.0.7)
    最新のソフトウェアに合わせて記述を修正

  • Armadillo-200シリーズ ソフトウェアマニュアル (2.0.7)
    最新のソフトウェアに合わせて記述を修正

  • Armadillo-300 ソフトウェアマニュアル (1.0.4)
    最新のソフトウェアに合わせて記述を修正

開発ガイド

  • Atmark-dist開発ガイド (1.0.3)
    最新のソフトウェアに合わせて記述を修正

製品別の更新履歴

詳細な変更内容につきましては、各製品の更新履歴をご覧下さい。