Armadillo 製品アップデートのお知らせ (2016年12月 2回目/Armadillo-X1対象)

Armadillo-X1のアップデートを行いました。

このリリースはダウンロードページからダウンロード可能です。

ボード情報 (v2.2)

  • Armadillo-IoT G3で、約8Vまで電源電圧を低下させた場合にシステムが起動できないことがある不具合を修正 1

ブートローダー U-Boot (v2016.07-at6)

  • ボードリビジョンとシリアル番号をLinuxカーネルに受け渡す機能を追加

Linux カーネル (v3.14-x1-at8)

  • /proc/cpuinfoのボードリビジョンとシリアル番号が正しく表示されるよう修正 2
  • UARTの通信エラーが生じた場合に、受信DMAが停止してしまう不具合を修正
  • RS422/RS485のデータ送信中にTTYデバイスファイルをcloseした場合に、信号線をドライブしたままになってしまう可能性がある不具合を修正

atmark-x1-base (v1.4.1-1)

  • LTE 再接続サービスを修正 3
    • デバイス名で接続監視と再接続を行なっていたが、設定ファイル名から指定したコネクション名を使用して接続監視と再接続を行うように修正

Debian GNU/Linux ユーザーランド

標準イメージファイル


  1. Armadillo-IoT G3と共通リソースであるため同時に更新となりますが、Armadillo-X1の動作に影響はありません 

  2. ブートローダー(u-boot) v2016.07-at6 以降(ブートローダーイメージ u-boot-x1-at6.bin または u-boot-x1-sd-at6.bin 以降)を利用する必要があります 

  3. Armadillo-X1の動作に影響はありません