FAQ : JTAGを使用してLinuxをデバッグするには

対象製品: Armadillo-460Armadillo-440Armadillo-420

JTAGを使用してLinuxをデバッグする場合は、Linuxカーネルパラメーターに「jtag=on」を指定してください。

Linuxカーネルパラメーターの指定は、Armadilloを保守モードで起動して「setenv」コマンドで行います。保守モードで起動する方法については、A400シリーズ ソフトウェアマニュアルの3.9. ブートモードを、setenvコマンドの詳細については、A400シリーズ ソフトウェアマニュアルのA.7. setenv と clearenvを参照してください。

標準のLinuxカーネルパラメーターに、「jtag=on」を追加する場合の設定例です。


hermit> setenv console=ttymxc1,115200 jtag=on
カテゴリ: