警告メッセージ

動作確認済デバイスは、Armadilloユーザーからの報告とアットマークテクノ独自に確認した内容を基に掲載している参考情報です。デバイス入手時期や使用ソフトウェアなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

動作確認済みデバイス : 組み込み型二次元コードスキャナ QB30-SU

対象製品: Armadillo-810Armadillo-800 EVAArmadillo-500 FXArmadillo-500Armadillo-460Armadillo-440Armadillo-420
デバイス情報
デバイスタイプ USB, バーコードリーダー, QRコードリーダー
メーカー デンソーウェーブ
型番
QB30-SU
動作状態

動作可能

備考

QB30-SUの設定により、USB CDC-ACMクラスデバイス、もしくはUSB HIDとして使用することができます。

Armadillo-810:

  • USB CDC-ACMクラスデバイスとして認識

    • /dev/ttyACM0からバーコード情報が取得できることを確認
  • USB HIDとして認識(※)

    • /dev/input/event0 (キャラクタデバイス/Major:13/Minor:64) から、キーボード入力イベントとしてバーコード情報が取得できることを確認
  • 動作確認に利用したLinuxカーネルバージョン: v3.4-at1

  • 動作確認に利用したユーザーランドバージョン: Atmark Dist v20130329

Armadillo-500/500FX:

  • USB CDC-ACMクラスデバイスとして認識

    • /dev/ttyACM0からバーコード情報が取得できることを確認
  • USB HIDとして認識(※)

    • /dev/input/event2 (キャラクタデバイス/Major:13/Minor:66) から、キーボード入力イベントとしてバーコード情報が取得できることを確認
  • 動作確認に利用したLinuxカーネルバージョン: v2.6.26-at14

  • 動作確認に利用したユーザーランドバージョン: Atmark Dist v20120222

Armadillo-420/440/460:

  • USB CDC-ACMクラスデバイスとして認識

    • /dev/ttyACM0からバーコード情報が取得できることを確認
  • USB HIDとして認識(※)

    • /dev/input/event2 (キャラクタデバイス/Major:13/Minor:66) から、キーボード入力イベントとしてバーコード情報が取得できることを確認
  • 動作確認に利用したLinuxカーネルバージョン: v2.6.26-at17

  • 動作確認に利用したユーザーランドバージョン: Atmark Dist v20130329

(※)CDC-ACMクラスからインターフェースモードを切り替えて確認しました。詳細はQB30-SUの取扱説明書を参照してください。