警告メッセージ

動作確認済デバイスは、Armadilloユーザーからの報告とアットマークテクノ独自に確認した内容を基に掲載している参考情報です。デバイス入手時期や使用ソフトウェアなど諸条件の差異によって、記載内容と実際の動作が異なる場合があります。また、すべての機能検証や長期の動作試験を行ったものではありませんので、必ずご使用目的に適合した検証・試験を行ってください。

動作確認済みデバイス : USB W-SIMアダプタ “DD” WS002IN

対象製品: Armadillo-500
デバイス情報
デバイスタイプ USB, PHS, モバイル端末
メーカー ウィルコム, ネットインデックス
型番
WS002IN
動作状態

動作可能

備考

ドライバ

LinuxのPL2303ドライバを利用しますが、2.6.21以前のカーネルではドライバにWS002INのデバイス情報(VENDOR IDとPRODUCT ID)が登録されていないため追加する必要があります。

具体的に、カーネルソースのdrivers/usb/serial/pl2303.cdrivers/usb/serial/pl2303.hを修正します。まず、pl2303.hに以下の情報を追加します。

  • VENDOR ID: 0x11f6
  • PRODUCT ID: 0x2001

そして、pl2303.cのデバイステーブル配列にpl2303.hで追加した定義を登録します。

上記の変更にはLinux-2.6.22にWS002INのデバイス情報を登録するパッチを参考にしてください。

ドライバ制限

Linux-2.6.18のカーネルではWS002INをUSBハブ経由で利用する場合、以下のようなエラーは発生する時があるので、 WS002INを直接にArmadilloのUSBポートに接続してください。


pl2303 ttyUSB0: pl2303_open - failed submitting interrupt urb, error -28

動作確認

LinuxではWS002INがUSBシリアルコンバータとして認識されるため、通常のシリアルモデムとして扱わえます。

インターネットに接続するためにPPPを利用します。
atmark-distでPPP通信を行うにはこのHowtoを参考にしてください。
Debianを利用している場合、pppconfigコマンドを利用して簡単にPPPをセットアップできます。