ECHONET Lite対応ミドルウェア「EW-ENET Lite」

日新システムズが提供するECHONET Lite対応ミドルウェア「EW-ENET Lite」がArmadillo-Box WS1に対応しました。

ECHONET Lite機器の開発は大きく分けて、
 (1) デバイスおよびコントローラの開発
 (2) 開発した機器がECHONET Lite規格に準じているかの検証と認証取得
が必要となります。
日新システムズでは、お客様のECHONET Lite機器開発にあわせた様々なソリューションを提供しています。

日新システムズ「EW-ENET Lite」

  • ECHONET Lite 規格適合性認証ソフトウェア第1号の実績
  • デバイス側、コントローラ側の両方のアプリケーションを開発可能
  • 設計・実装、テスト、認証の各フェーズで利用できるツールやサンプルプログラムが用意され、お客様の開発を加速

「EW-ENET Lite」の詳細(日新システムズWebサイト)

「ECHONET Lite」とは?
ECHONET Liteとは、スマートハウス構築を実現するための、エコーネットコンソーシアムが策定する通信規格です。家庭で使用するスマートメーターや家電機器、太陽光発電システム、蓄電池などの間で情報をやりとりし、エネルギーをより効率良く制御することを目的としています。

Armadillo-Box WS1で「EW-ENET Lite」を使うメリット

ECHONET Liteコントローラの開発を加速できる

さまざまなツールやサンプルコードが用意されているので、EW-ENET Liteを使うことで、Armadillo-Box WS1とスマートメーター、またはECHONET Lite対応機器 との通信を行うアプリケーション開発を素早く・簡単に行うことができます。

評価版を無償で試せる

Armadillo-Box WS1開発セットの購入者向けに、評価版を無償で提供します。

EW-ENET Lite - Armadillo-Box WS1用評価版(無償ダウンロード)

Armadillo‒Box WS1購入者向けに無償提供する「EW-ENET Lite - Armadillo-Box WS1用評価版」には、以下の2種類のソフトウェアが含まれています。

  • Wi-SUN Bルート通信用 ECHONET Liteコントローラ
  • 低圧スマート電力量メータークラスのデバイスシミュレータ

Armadillo-Box WS1を2台用意し、1台を低圧スマート電力量メータークラス、もう1台をECHONET Liteコントローラとして動作させることで、ECHONET Liteコントローラと低圧スマート電力メータクラス間の相互通信をWi-SUN Bルート経由でテストすることができます。

Wi-SUN Bルート通信用 ECHONET Liteコントローラ

日新システムズ「EW-ENET Lite」を使った、Wi-SUN Bルート通信用のECHONET Liteコントローラです。Armadillo-Box WS1に書き込むことで、Wi-SUN Bルート経由で、ECHONET Liteデバイスとの通信を行うことができます。

低圧スマート電力量メータークラスのデバイスシミュレータ

ECHONET Lite"低圧スマート電力量メータークラス"のデバイスシミュレータです。 Armadillo-Box WS1に書き込むことで、Wi-SUN Bルート経由でECHONET Liteコントローラとの通信を行うことができます。

ダウンロード

無償評価版は、下記URLからダウンロードいただけます。
※ダウンロードの前に「アットマークテクノ ユーザーズサイト」でアカウント登録およびArmadillo-Box WS1の購入製品登録を行う必要があります。

「EW-ENET Lite - Armadillo-Box WS1用評価版」のダウンロード(アットマークテクノ ユーザーズサイト)

SDK(有償)

Armadillo-Box WS1と「EW-ENET Lite」を使用した組み込み機器を製品化する場合は、SDK(有償)をご購入いただく必要があります。SDKは日新システムズから販売しています。

詳細は、お問合せフォーム(アットマークテクノコーポレートサイト)からお問合せください。

量産ロイヤリティ

量産ロイヤリティの販売についての詳細は、お問合せフォーム(アットマークテクノコーポレートサイト)からお問合せください。