顔認識ミドルウェア「FSE(Face Sensing Engine)」

「FSE(Face Sensing Engine)」は、顔検出や特徴点抽出などの機能を持つOKI(沖電気工業株式会社)製の顔認識エンジンです。
アットマークテクノでは、Armadillo-810ユーザー向けに、FSEの主な機能を利用できる専用のデモアプリ(アプリセット)を公開しています。

顔認識エンジン「FSE」の主な機能

  • 顔認識
  • 特徴点抽出
  • 類似度判定

FSEデモアプリ for Armadillo-800シリーズ

Armadillo-810カメラモデル開発セット購入者向けに、FSEデモアプリ for Armadillo-800シリーズ(バイナリファイルで提供、評価用アプリセット)を無償で提供しています。

デモアプリ(アプリセット)の内容

  • 顔検出アプリ
  • まばたき検知アプリ
  • 類似度判定アプリ
顔検出アプリ 顔検出アプリ
FSEで顔のパーツ(目、鼻、口など)の特徴点と座標を抽出し、デモアプリ上で元画像とパーツのカコミ枠、座標情報(文字情報)などをJPEG合成して出力します。
顔検出アプリ まばたき検知アプリ
FSEで目の特徴点を抽出し、瞼が開いているか閉じているかをデモアプリが判断。目を閉じたと判断した回数をカウントし、結果数値を元画像とJPEG合成して出力します。

デモアプリ(使用時間制限あり)の取得

Armadillo-810カメラモデル開発セットをご購入後、下図の流れにしたがって アットマークテクノ ユーザーズサイトArmadillo-810の購入者登録を行い、デモアプリをダウンロードしてください。

FSEデモアプリ取得の流れ

※1 アカウント登録は初回のみ必要です。すでに他のアットマークテクノ製品ご購入時等にアカウント登録されたことがある場合は、追加の登録は不要です。そのまま手順②にお進みください。

デモアプリには、使用時間の制限があります(デモアプリを一定時間連続して使用すると、アプリケーションが自動終了します)。
デモアプリの使用時間制限を解除したい場合、またはArmadillo-810での量産品にFSEを利用したい場合には、別売の量産向けライセンス(「FSEライセンス for Armadillo-800シリーズ」、下記参照)をご購入ください。

量産向けライセンス

Armadillo-810での量産品にFSEを利用する場合は、量産品1台毎に量産向けライセンス「FSEライセンス for Armadillo-800シリーズ」を取得する必要があります。

下図の流れにしたがって、「アットマークテクノ ユーザーズサイト」からお手続きください。

FSEデモアプリ取得の流れ

※1 「アットマークテクノ ユーザーズサイト」ですでにアカウント登録および購入製品登録(Armadillo-810)が済んでいることが前提です。
※2 入力受付けをお知らせする自動返信メールです。この時点ではまだお申込みは確定しておりませんのでご注意ください(③のご発注手続きを弊社にて確認した後、お申込み確定となります)。
※3 「FSEライセンス for Armadillo-800シリーズ」(使用時間制限なし)のライセンスは、お客様からのご発注が行われていることを前提に提供されます。必ず事前に販売店からへのご発注手続きを行った上でお申込みください。なお、ご発注状況の確認に数営業日程度のお時間を要する場合がありますのであらかじめご了承ください。

FSE SDK(オリジナルアプリケーション向け)

FSEの機能を使用してお客様によるオリジナルアプリケーションを開発される場合(デモアプリの範囲を超える機能を開発利用したいケースなど)は、別途OKIから「FSE SDK」(Armadillo-800シリーズ専用の開発ライセンス付属)をご購入いただく必要があります。

詳細は、お問合せフォーム(アットマークテクノ公式Web)からお問合せください。

※ FSE SDKを使用して開発したオリジナルアプリケーションをArmadillo-810での量産品に利用する場合は、量産品1台毎に「FSEライセンス for Armadillo-800シリーズ」を取得する必要があります。