開発ツールとガイドブック

Armadilloの開発環境

開発は基本的にLinuxの環境をベースに行うので、Linuxが動作するPCまたはWindowsPCに開発環境を構築する必要があります。各製品のソフトウェアマニュアルや下記のページを参考に環境構築を行ってください。

組み込みLinuxでの開発環境

Linux環境で開発する
Armadilloの開発環境 (専用開発環境: ATDEAtmark Dist

Armadilloでの開発に必要なもの

Armadilloの開発は、最低限、以下のものがあれば開発をスタートすることができます。

  • Armadillo本体
  • 作業用PC(LinuxまたはWindowsが動作し、1ポート以上のシリアルインターフェースを持つもの)(*1)
  • シリアルクロスケーブル
  • シリアル通信ソフトウェア
  • LANケーブル
  • スイッチングハブ[*2]

[*1] USBポートがある場合は、USB/シリアル変換ケーブルで代替できます。
[*2] Auto MDIXに対応した製品は、ストレートまたはクロスのLANケーブルで作業用PCと直接接続することも可能です。詳細は各製品のマニュアルをご覧ください。

Armadilloの標準OS~Linux

Armadilloは標準OSとしてLinuxを採用しています。各製品での開発方法は、製品マニュアル(ソフトウェアマニュアル)をご覧ください。また、Armadillo-400シリーズを例に組み込み機器開発について初歩から開設したガイドブックも公開しています。

Armadilloでの組み込みLinux開発者向けガイドブック「Armadillo実践開発ガイド」

Armadilloで組み込み機器の開発を行なうエンジニアに向けた開発ガイドブックを無償公開しています。はじめて使う方にもわかりやすいように、Armadilloのコンセプトから開発の準備まで詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてください。

「Armadillo実践開発ガイド~組み込みLinuxの導入から製品化まで~」

Linux対応の開発ツール・ソフトウェア

  • ローム株式会社との共同開発により、Armadillo-420、無線LANモジュール、EnOcean対応センサ各種、受信モジュールをセットにした「EnOceanゲートウェイ開発キット」を2014年4月から販売しています(コアスタッフ株式会社より提供)。

    詳しくは、こちらのページをご覧ください。


    対応製品: Armadillo-420