1.Armadilloの特長

Armadillo

アットマークテクノの「Armadillo(アルマジロ)」は、ARMコアのアプリケーションプロセッサを搭載したIoT向けの組み込みCPUボードです。
Armaidlloは、フィールドで運用される装置や端末に組み込まれることを想定して耐久性や安全性に配慮して設計されており、2002年に初代機を発売して以来、装置・端末に通信/制御機能を実装するプラットフォームとして、さまざまな組み込み機器に採用いただいてきました。2014年以降は、3G/LTEモバイル回線対応のボックス型のゲートウェイ端末用プラットフォームも提供を開始HEMS/BEMSやFA機器のIoT化など、さまざまなシステムに使われています。

採用事例一覧を見る


2.堅実設計・長期運用

Armadilloは、単なる試作評価用の組み込みボードではありません。
フィールドに設置してエンドユーザーに利用される装置や端末に組み込んで長期にわたり利用されるくことを想定して、消費電力は耐環境性に配慮した堅実な設計と、運用を支えるオプションサービスを提供しています。


3.スムーズ&スピーディにモノづくり

Armadilloは、IoT/組み込み機器に必要なモノとサービスを選んで組み立てることで、短期間・低コストで組み込み機器を実現します。
セミカスタマイズにも対応し、柔軟なモノづくりサービスを展開しています。


4.Armadilloをもっと知る

アットマークテクノは、Armadilloでのモノづくりに関する情報をWebサイトで公開しています。ユーザー同士で情報交換できるコミュニティや、情報配信サービスなども展開し、開発者向けの積極的な情報提供を行っています。


5.IoTのT(Things)をArmadilloで実現

アットマークテクノは、「Armadillo(アルマジロ)」の提供を通じて培ってきたモノづくりのノウハウを背景として、産業用途に耐え得るような堅実な設計で、かつスピーディに、IoTの“T(Things)”を実現できる仕組みを提供しています。


Armadilloとは | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |