Armadillo-X1 ソフトウェア仕様

標準ソフトウェア・開発ツール

※下記表は、代表的なソフトウェアやプロトコルの一覧です。この他にも、Linuxで対応可能な多くのソフトウェアを利用することができます。

Linuxカーネル Linux 4.9 (推奨) Linux 3.14
ディストリビューション Debian GNU/Linux 9 (Stretch) Debian GNU/Linux 8 (Jessie)
ドライバサポート UART, Ethernet, WLAN/BT, SDホスト, USBホスト, LCD, カメラ, リアルタイムクロック, LED, ユーザースイッチ, I2C, SPI, ウォッチドッグタイマー など
ブートローダー U-Boot

Debian GNU/Linux対応オープンソースソフトウェア

Debian GNU/Linuxでは、様々なオープンソースソフトウェアを簡単にダウンロードして利用することができます。

ネットワーク IPv4, IPv6, DHCP, DNS, NTP, SSH, SMTP, HTTP, HTTPS, VPN(IPSec, SSL), PPP
主な機能 パケットフィルタリング・NAT(iptables), 各種サーバー/クライアント(HTTP, DNS, DHCP, NTP), ログ収集(syslog, fluentd)
設定・管理 シリアルコンソールログイン, リモートログイン(SSH), CGI
ログ収集 syslog, fluentd
ハードウェア/ソフトウェア監視 ハードウェアウォッチドッグ, ソフトウェアウォッチドッグ
開発言語 C/C++, Lua, Ruby, Node.js, シェルスクリプト, Python
IoT/M2M HTTP, MQTT, WebSocket, fluentd, AWS IoT Device SDK, Azure IoT SDK

開発環境

  • ATDE7, ATDE6 対応

ATDEについて:「ATDE(Atmark Techno Development Environment)」はArmadilloの開発環境です。VMWareなど仮想マシン向けのデータイメージとして提供されており、Linuxデスクトップ環境をベースにGNUクロス開発ツールやその他の必要なツールが事前にインストールされています。ATDEを使うことで、開発用PCの用意やツールのインストールなどといった開発環境を整える手間を軽減することができます。

ATDEの詳細・ダウンロード

OS/プラットフォーム

詳細やご購入に関するお問い合わせは、上記のWebフォーム(アットマークテクノWebサイト)からお寄せください。