ROMイメージ書き込みサービス


ROMイメージ書き込みサービスは、Armadillo本体のフラッシュメモリにお客様ご指定のイメージデータを書き込んだ上で納入するサービスです。
Javaライセンスの書き込みにも対応しています。

サービスの概要

対象製品

Armadillo-X1
Armadillo-810
Armadillo-840
Armadillo-840m
Armadillo-410
Armadillo-440
Armadillo-460

※上記製品のROM書き込みサービスは、1台からご発注いただけます。

※「Armadillo-IoTゲートウェイ」シリーズ、「Armadillo-Box WS1」は、組み立て(キッティング)まで対応可能な「BTOサービス」のメニューとしてROMイメージ書き込みを承ります。

パートナー製ソフトウェアソリューションの量産ランタイムライセンス

パートナー製ソフトウェアソリューションの量産ランタイムライセンスをアットマークテクノからお買い求めいただけます。

※ソフトウエアソリューションの量産ランタイムライセンスは、Armadilloの量産品/量産ボードのご購入時に同時にお申し込みください。
※アットマークテクノにライセンスの書き込みをご依頼いただく場合は、ROMイメージ書き込み作業費を別途ご請求させていただきます。

※上記リスト以外のソフトウェアソリューションは、各提供社からご購入いただけます。詳細は各社窓口へお問い合わせください。
※ソリューションパートナーの一覧は、こちらからご覧ください。

サービスの流れ

ROMイメージ書き込みのお問い合わせから納入までの流れは、以下のとおりです。

(1) お問い合わせ

お問い合わせWebフォームまたはお電話にてお問い合わせください。

(2) ヒアリング

アットマークテクノ営業担当、または商流としてご指定いただいた販売代理店担当者よりご連絡差し上げ、お客様のご要望のヒアリングと、 適した製品のご紹介をさせていただきます。
概算のお見積をご希望の場合は、この時点で対応させていただきます。

(3) お申し込み

ご発注いただく内容が確定されましたら、ROM書き込みサービスのお申し込みフォームから、ご発注予定の内容とお客様のご連絡先等をご登録ください。
フォーム送信後、サーバ-から自動メールが届きます。メール本文の内容を参考に、書き込むイメ―ジデータをご用意ください。

(4) お見積・ご発注

お申し込みいただいた後、担当の販売代理店またはアットマークテクノ営業部より、お見積書を発行いたします。
お見積に記載された型番(お客様向けの専用型番)でご発注ください。

※ご発注方法は販売代理店毎に異なります。詳細は各社窓口へお尋ねください。

(5) ROMイメージデータのご提供

上記手順(3)で作成いただいたイメージデータを、ご指定いただいた方法(郵送またはWebサイトからアップロード)にて、アットマークテクノまでご提供ください。ご提供方法の詳細については、(3)でサーバーから発行されるメールの本文をご確認ください。

※納入いただく際は、必ずMD5ハッシュデータを添付してください。

(6) サンプル品のお届け

お客様からお送りいただいたROMイメージデータを書き込んだサンプル品をお客様にお届けします。
サンプル品が届き次第、内容に問題がないかお客様のお手元にてご確認ください。

(7) 納入内容の確定

サンプル品受領後10日以内に、アットマークテクノの指定窓口まで、ご確認結果をご連絡ください。お客様にご確認・ご返信いただいた時点で、納入内容の確定となります。
サンプル品は、動作確認後、指定窓口までご返送ください。

(8) 製造・納入

アットマークテクノで納入品の製造(ROM書き込み作業)を実施します。

※通常、書き込み対象のハードウェアの在庫がある場合は、(6)のご連絡を受領後20営業日以内を目安として納入いたします(ただし300台未満の場合)。ハードウェアの在庫がない場合、またはご発注台数が300台を超える場合は、納入日を別途ご相談とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

サービスご利用の注意事項

● Armadillo本体と同時にサービスをご購入ください
・ROMイメージ書き込みサービスは、Armadillo本体のご購入と同時にお申込みください。
・納品後のArmadillo本体へのROMイメージ書き込みは、原則として承りかねます。

● ハッシュデータの同梱
・ROMイメージファイルをアップロード(郵送)いただく際は、必ずイメージファイル本体に、MD5 ハッシュデータを同梱してください。

● その他の留意事項
・その他、お申込みフォームに記載の「留意事項」をよくお読みになり、ご納得の上でお申込みください。

お問い合わせ

ROMイメージ書き込みサービスのご相談、見積をご希望のお客様は、以下のフォームからお依頼ください。

ROMイメージ書き込みサービスのご発注内容(ご依頼いただく製品の型番、書き込み台数、ライセンス購入の有無、書き込みイメージデータの作成など)がっ確定されているお客様は、まずは以下からお申し込みください。お客様専用のお申し込み用型番を記載したお見積を発行させていただきますので、そちらの内容にてご発注お手続きください。

ソフトウェア使用許諾契約書

Javaライセンスの書き込みをご希望の場合は、以下のソフトウェア使用許諾契約書にご同意いただく必要があります。

ソフトウェア使用許諾契約書

株式会社アットマークテクノ(以下「弊社」といいます)は、お客様(法人または個人のいずれであるかを問いません)に、このソフトウェア使用許諾契約書(以下「本契約」といいます)に基づいて、本契約末尾に記載のソフトウェア(以下「本ソフトウェア」といいます)を使用する権利を許諾します。

1.著作権

本ソフトウェア、または本ソフトウェアとともに提供されるドキュメント等の関連資料(以下「関連資料」といいます)に関する著作権等の知的財産権は、弊社または弊社に本ソフトウェアを提供した第三者に帰属しています。

2.本製品

「本製品」とは、別紙「ROM書き込みサービス」申込書(以下「申込書」という)に基づき本ソフトウェアを書き込んだ弊社製品をいいます。

3.権利の許諾

お客様は、本契約の条項に従い、本ソフトウェアを本製品に搭載された状態のまま使用する、非独占的な権利を取得します。

4.制限事項

(1)お客様は、本ソフトウェアのリバースエンジニアリング、逆アセンブルまたは逆コンパイルをすることはできません。
(2)お客様は、本契約に明示的に許諾されている場合を除いて、本ソフトウェアの使用、全部または一部を複製、改変等をすることはできません。
(3)お客様は、本ソフトウェアおよび関連資料に付されている著作権表示およびその他の権利表示を除去することはできません。
(4)お客様は、本ソフトウェアを第三者に使用許諾、貸与またはリースすることはできません。
(5)本ソフトウェアの利用により、万が一お客様の機器またはデータ等に支障が生じた場合でも、弊社は一切その責任を負いません。
(6)本ソフトウェアについて、第三者との間で著作権その他知的財産権上の紛争、製造物責任法に基づく紛争等が生じた場合といえども、弊社は一切その責任を負いません。
(7)お客様は、本契約に基づく権利または義務を、弊社の事前書面承諾なしに第三者に譲渡、承継または担保に供することはできません。
(8)上記各項の他、本ソフトウェアの利用、または利用できなかったことに関して、お客様またはお客様の顧客に何らかの損害が生じた場合でも、弊社は一切その責任を負いません。
(9)弊社または弊社に本ソフトウェアを提供した第三者が本ソフトウェアを修正した場合には、弊社はお客様に対して、修正されたソフトウェア、修正のためのソフトウェア(以下「修正ソフトウェア」といいます)、またはこのような修正に関する情報を提供することがあります。ただし、修正ソフトウェアまたはこのような修正に関する情報の提供の必要性、提供時期、提供方法等に関しては、すべて弊社の裁量により決定させていただきます。なお、お客様に提供された修正ソフトウェアは本ソフトウェアとみなします。
(10)お客様は、本ソフトウェアを大量破壊兵器の開発、設計、保管もしくは使用等の目的、軍事用途の目的またはその他の国際的な平和および安全維持の妨げとなる目的で自ら使用すること、第三者に使用させること、このような目的を有する者に販売、譲渡、輸出、賃貸または使用許諾してはならないものとします。また、本製品を輸出、販売、譲渡、賃貸または使用許諾する際は、「外国為替及び外国貿易法」およびその他の関連法規(輸出管理に関する法令および規則)に定められた必要な手続を取るものとします。

5.責任の制限

(1)本ソフトウェアは、一切の保証なく、現状で提供されるものであり、弊社はその商品性、特定目的への適合性をはじめ、明示的にも黙示的にも本ソフトウェアに関して一切の保証を行いません。
(2)弊社は、お客様が本ソフトウェアの使用、または使用できなかったことによって受けられた損害について、一切責任を負いません。
(3)法令等に基づき弊社が損害賠償責任を負う場合においても、社会通念上、当該種類の債務不履行、不法行為等から通常発生するものと考えられる損害(いわゆる通常損害)を超える損害については責任を負いません。

6.契約の期間

本契約は、お客様が申込書を弊社に提出したときに発効し、下記7.により本契約が終了するまで有効であるものとします。

7.契約の終了

(1)お客様は、書面により事前に弊社まで通知することにより、いつでも本契約を終了させることができます。
(2)弊社は、お客様が本契約のいずれかの条項に違反したときは、お客様に対し何らの通知・催告を行うことなく直ちに本契約を終了させることができます。
(3)上記(2)の場合、弊社は、お客様によって被った損害をお客様に請求することができます。
(4)お客様は、本契約が終了したときは、直ちに本ソフトウェアおよび関連資料を破棄するものとします。

8.本製品の譲渡等

お客様が、本製品または本製品を組み込んだ製品を第三者に譲渡、提供、貸与または使用許諾等(以下「譲渡等」といいます)する場合、お客様は以下の義務を負うものとします。
①本ソフトウェアを、本製品(お客様の製品に組み込む場合を含みます)に実行形式で搭載して使用する以外の態様で、第三者に譲渡等してはなりません。

9.その他

(1)本契約の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。また、本契約に関連して生じた紛争については、札幌地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
(2)本契約の規定の一部が法令または管轄裁判所により違法、無効または不能であると判断された場合においても、本契約のその他の規定は有効に存続するものとします。
(3)弊社は、合理的な理由がある場合(弊社に本ソフトウェアを提供した第三者が本ソフトウェアの使用許諾条件を変更した場合を含みますが、これに限られません)、お客様の了解を得ることなく本契約を変更できるものとします。この場合、変更後の本契約は弊社Webサイトに掲載するものとします。
なお、変更後の本契約は、弊社が別途定める場合を除き、弊社Webサイト上に表示した時点より効力を生じるものとします。ただし、お客様に大きな影響を与える場合には、あらかじめ合理的な事前告知期間を設けるものとします。

以上

[本ソフトウェアの明細]

本ソフトウェアは以下の通り。
・Java SE Embedded

[Java SE Embeddedに関する特則]

Java SE Embeddedの使用等については、以下の条項も本契約に含まれるものとし、お客様はこれを遵守するものとします。

・”Java”に関する商標、ロゴ、アイコン等(以下「Java商標」といいます)はOracle America, Inc.社(以下「オラクル社」といいます)に帰属します。お客様は(a)Java Trademark Guidelines (http://www.oracle.com/us/legal/trademarks/index.html)に従うこと、(b)Java商標に関するオラクル社の権利に害を及ぼす行為をしないこと、および(c)オラクル社がJava商標を保護する行為に協力することを了承します。
・本ソフトウェアにソースコードが含まれる場合、明示的に他の目的での使用を許諾されない限り、参照用とします。
・本ソフトウェアのオラクル社以外が権利を有する部分の著作権表示、使用許諾条件については、ejdk (Embedded Java Development Kit)に含まれるTHIRDPARTYLICENSEREADME.txtに記載の通りとします。
・本ソフトウェアの商用機能を使用する際には、別途オラクル社から許諾を得る必要があります。
商用機能の詳細については、Table 1-1
(Commercial Features In Java SE Product Editions) ( http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/terms/products/index.html)をご参照ください。