Howto

ノリタケ伊勢電子製タッチTFTモジュール「GT-1P」をArmadillo-840に接続する

ノリタケ伊勢電子株式会社製のタッチTFTモジュール「GT-1P」をArmadillo-840に接続する方法をご紹介します。
液晶出力はHDMI経由で、タッチパネルはUSB経由で入力します。

環境・構成

以下を使用します。

  • Armadillo-840
  • ノリタケ伊勢電子製 10.1インチタッチTFTモジュール「GT1280X800A-1303P」

設定

Linuxカーネルの以下のコンフィギュレーションを有効にしてください。

  
Device Drivers  --->
  [*] HID Devices  --->
    Special HID drivers  --->
      <*> HID Multitouch panels    ← 有効化
  

このデバイスは、Linuxカーネルのドライバーに登録されていないため、Linuxカーネルのdrivers/hid/hid-multitouch.cのmt_devices変数に、 ベンダーIDと、プロダクトIDを追加します。

以下のpatchを参考にしてください。

  
--- linux-3.4-at26_org/drivers/hid/hid-ids.h    2018-03-30 17:40:39.000000000 +0900
+++ linux-3.4-at26/drivers/hid/hid-ids.h    2018-10-31 16:52:15.854835144 +0900
@@ -821,4 +821,8 @@
 #define USB_VENDOR_ID_PRIMAX    0x0461
 #define USB_DEVICE_ID_PRIMAX_KEYBOARD    0x4e05
 
+#define USB_VENDOR_ID_NORITAKE    0x0eda
+#define USB_DEVICE_ID_NORITAKE_GT1P_1303P    0x12df
+
 #endif
  
  
--- linux-3.4-at26_org/drivers/hid/hid-multitouch.c    2018-03-30 17:40:39.000000000 +0900
+++ linux-3.4-at26/drivers/hid/hid-multitouch.c    2018-10-31 16:52:10.374835189 +0900
@@ -1042,6 +1042,11 @@ static const struct hid_device_id mt_dev
         HID_USB_DEVICE(USB_VENDOR_ID_XIROKU,
             USB_DEVICE_ID_XIROKU_CSR2) },
 
+    /* Noritake-itron panels */
+    { .driver_data = MT_CLS_DEFAULT,
+        HID_USB_DEVICE(USB_VENDOR_ID_NORITAKE,
+            USB_DEVICE_ID_NORITAKE_GT1P_1303P) },
+
     { }
 };
 MODULE_DEVICE_TABLE(hid, mt_devices);

  

以上の設定が終わりましたら、LinuxカーネルをビルドしてArmadilloに書き込んでください。

確認

さきほど書き込んだLinuxカーネルで起動すると/dev/input/ディレクトリ下に、新しくeventX(Xには数字が入ります)ファイルが作成されています。
タッチパネルのからイベントがとれているかは、以下のコマンドで確認できます。

  
[armadillo ~]# evtest /dev/input/eventX