関連製品(他社製) : USB W-SIMアダプタ “DD” WS002IN

動作可能

型番: WS002IN
メーカー: ウィルコム
動作状態: 動作可能
動作確認日: 2007/10/01
対応シリーズ: Armadillo-500

ドライバ

LinuxのPL2303ドライバを利用しますが、2.6.21以前のカーネルではドライバにWS002INのデバイス情報(VENDOR IDとPRODUCT ID)が登録されていないため追加する必要があります。

具体的に、カーネルソースのdrivers/usb/serial/pl2303.cdrivers/usb/serial/pl2303.hを修正します。まず、pl2303.hに以下の情報を追加します。

  • VENDOR ID: 0x11f6
  • PRODUCT ID: 0x2001

そして、pl2303.cのデバイステーブル配列にpl2303.hで追加した定義を登録します。

上記の変更にはLinux-2.6.22にWS002INのデバイス情報を登録するパッチを参考にしてください。

ドライバ制限

Linux-2.6.18のカーネルではWS002INをUSBハブ経由で利用する場合、以下のようなエラーは発生する時があるので、 WS002INを直接にArmadilloのUSBポートに接続してください。


pl2303 ttyUSB0: pl2303_open - failed submitting interrupt urb, error -28

動作確認

LinuxではWS002INがUSBシリアルコンバータとして認識されるため、通常のシリアルモデムとして扱わえます。

インターネットに接続するためにPPPを利用します。
atmark-distでPPP通信を行うにはこのHowtoを参考にしてください。
Debianを利用している場合、pppconfigコマンドを利用して簡単にPPPをセットアップできます。

関連製品(他社製)ご利用のご注意

関連製品(他社製)をご利用の前に、必ず以下の注意事項をご確認ください。
関連製品(他社製)をご利用いただく際のご注意

キーワード: USBPHSモバイル端末