開発・量産化支援

Armadilloでの開発・量産をスムーズに行っていただくために、アットマークテクノが提供している仕組み・サービスをご紹介します。

ハードウェア設計・製造

製品オプション・アドオンモジュール

Armadilloには、各種の拡張ボードやアドオンモジュールなどが用意されています。オプションとして提供されている拡張ボードやアドオンモジュールを使って、必要なインターフェースを手軽に追加することができます。

アドオンモジュールは、ユーザー(開発者)ご自身で開発いただくことも可能です。詳しくは、以下をご覧ください。

アドオンモジュールと拡張ボードの開発

量産セミオーダーサービス

Armadillo本体に、拡張ボードなどの選択と組み立て(キッティング)や指定のROMイメージの書き込みなどのメニューから必要なものを選択してご依頼いただける、セミオーダー式のカスタマイズサービスを提供しています。
「組み込み機器の量産の流れを簡略化したい・手間を減らしたい」
「モノづくり経験が浅いがIoTゲートウェイを作りたい」
といった場合におすすめです。

BTOサービス

services_bto
ボックス型製品向け

IoTゲートウェイなどボックス型製品の量産時に、本体のハードウェア構成と、ROMイメージ書き込みの有無などをセミオーダー式でご指定いただけるカスタマイズサービスです。 アドオンモジュールなどの拡張ボードの構成やアンテナ・ACアダプタなどの添付品の有無、筐体の組み立て・ネジ止めなどを指定いただくことができます。MOQ(最小発注数量)10台から承ります。

BTOサービス

ROMイメージ書き込みサービス

services_rom
ボード型製品向け

量産ボード本体のROMに、お客様指定のイメージデータを書き込んで納品するサービスです。

ROMイメージ書き込みサービス

製品シリーズ別のサービス対応状況

製品シリーズ毎のセミオーダーサービス対応状況は、下表の「サービス詳細」欄からご覧ください。

組み立て
キッティング
ROMイメージ
書き込み
サービス詳細
Armadillo-IoTゲートウェイ G3 〇対応 〇対応 [BTOサービス]
Armadillo-IoTゲートウェイ G3L 〇対応 〇対応 [BTOサービス]
Armadillo-IoTゲートウェイ G2 〇対応 〇対応 [BTOサービス]
Armadillo-X1 ×非対応 〇対応 [ROMイメージ書き込みサービス]
Armadillo-410/440/460 ×非対応 〇対応 [ROMイメージ書き込みサービス]
Armadillo-810/840/840m ×非対応 〇対応 [ROMイメージ書き込みサービス]
Armadillo-640 〇対応 〇対応 [BTOサービス]
Armadillo-Box WS1 〇対応 〇対応 [ROMイメージ書き込みサービス]

※上記以外の製品シリーズは原則としてセミオーダーには対応しておりません。

システム設計・開発

インテグレーションサービス

Armadilloを利用したシステム・機器の仕様策定から開発・量産・製造までの各工程のコンサルティングやインテグレーションを「Armadilloインテグレーションパートナー」が承ります。

インテグレーションパートナー一覧

アプリケーション開発

ソフトウェアソリューション

Armadilloと周辺製品で動作するソフトウェアソリューションを、アットマークテクノおよびパートナー各社から提供しています。

関連するソフトウェア・ソリューション

評価版の公開

Armadillo製品の開発セットで試用できる評価版ソフトウェアを一部無償提供しています。詳しくは、「関連するソフトウェア・ソリューション」をご覧ください。

SDK・量産ランタイムライセンスの販売

各社が提供するソフトウェアソリューションをArmadilloに搭載して製品化し、フィールド向けに量産するときは、正式版のSDKや量産ランタイムライセンスをご購入いただく必要があります(アットマークテクノまたは提供元パートナーから提供)。詳細については、各ソフトウエアソリューションの説明ページをご覧いただき、所定の方法でお申し込みください。