FAQ : Ethernet ケーブルが抜けていないのに、リンクダウンする

対象製品: Armadillo-240Armadillo-230Armadillo-220

Armadillo-220/230/240で、RJ-45(Ethernet)コネクタに規格外のプラグをカン合すると、コネクタが破壊されます。

対象製品およびシリアル番号

問題の対象となる製品は、Armadillo-220、Armadillo-230、およびArmadillo-240の以下の表に上げているシリアル番号に該当する製品に限られます。シリアル番号は、製品梱包箱側面に添付されているシール、もしくは該当製品基板のRJ-45コネクタに添付されているシールでご確認ください。

製品名 シリアル番号
Armadillo-220 S/N 060101-002001 ~ S/N 081002-005651
Armadillo-230 S/N 060101-002001 ~ S/N 080401-002800
Armadillo-240 S/N 060101-002001 ~ S/N 070602-004307

発生する現象

当該製品に搭載されたRJ-45(Ethernet)コネクタにEthernetケーブルを接続・リンクしている状態で、抜去方向に若干の負荷をかけると、リンクダウンし、通信が行えなくなります。

問題の原因

当該コネクタに規格外の Ethernet ケーブルを接続すると、コネクタが破壊され、接触不良となるためです。 (Armadillo-230では、CON2側が当該コネクタとなります)

お客様への注意事項

該当製品のRJ-45コネクタに、規格外プラグを使用している Ethernetケーブルを接続しないでください。

規格外プラグは、端子高さ寸法を測定することで見分けることが可能です。下図のとおり、端子の高さが5.89mm~6.15mm以内の規格準拠品をご使用ください。下図の端子高さの寸法が6.15mmを超えるものは使用しないでください。

コネクタサイズ