FAQ : LinuxコマンドやLinuxプログラミングの情報を調べるにはどうしたら良いですか?

対象製品: Armadillo-IoT G3Armadillo-IoT G3LArmadillo-X1Armadillo-IoT G1/G2Armadillo-810Armadillo-500 FXArmadillo-500Armadillo-460Armadillo-440Armadillo-420Armadillo-300Armadillo-9Armadillo-240Armadillo-230Armadillo-220Armadillo-210Armadillo(HT1070)Armadillo-J

Linux一般のコマンドやプログラミングに関するオンラインマニュアル(manページ)は、「man」というコマンドで見ることができます。 例えば、ftp(1)コマンドに関する情報をみるには、ATDEを起動してコンソール上で以下のコマンドを入力してください。


[PC ~]$ man ftp

「ftp(1)」の括弧中の数字は、manページのセクションを表しています。manページのセクションには以下のものがあります。

  1. 実行プログラムまたはシェルのコマンド
  2. システムコール (カーネルが提供する関数)
  3. ライブラリコール (システムライブラリに含まれる関数)
  4. スペシャルファイル (通常 /dev に置かれている)
  5. ファイルのフォーマットとその約束事。例えば /etc/passwd など
  6. ゲーム
  7. マクロのパッケージとその約束事。例えば man(7), groff(7) など
  8. システム管理用のコマンド (通常は root 専用)
  9. カーネルルーチン [非標準]

システムコールのopen(2)とperl関数のopen(3)など、同じ名称で複数のセクションにマニュアルがある場合があります。その場合、セクション名を指定することで目的のmanページを見ることができます。例えば、システムコールのopenを見る場合には、以下のようにします。


[PC ~]$ man 2 open

もちろん、man(1)自身のマニュアルもあります。以下のコマンドでman(1)の詳細な使用方法を見ることができます。


[PC ~]$ man man

また、manページはJMプロジェクトというWebページでも見られるようになっています。 Linuxに関する解説文書・FAQなどはJFプロジェクトにて公開されています。

Armadilloに特化した情報の場合、右上の検索ボックスにキーワードを入力して検索をおこなうと、FAQやHowto、マニュアル、ArmadilloフォーラムArmadilloメーリングリストの過去ログからキーワードを含むものを検索することができます。